無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疎遠になりたくない!女の友情を保つ秘訣7選

仲良しの女友達でも、ライフステージが異なってくると次第に疎遠になってしまうものです。歳を重ねるにつれ新しい友達を作りにくくなってきますから、今いる友達はできるだけ大切にしたいですね。ここでは、仲の良い女友達との友情を長く保つ秘訣をご紹介します。

2017年10月
ライフスタイル

長年の友情は大事にしたい

女性の場合、ライフステージの進展と共に親しかった友達と疎遠になってしまいがちです。一方で、歳を重ねるにつれ友達は作りにくくなりますから、今いる友人は今後ますます貴重な存在となっていきます。ここでは、女友達との友情を保つ秘訣を見ていきましょう。

①メールより電話を重視する

LINEやメールなどテキストでのコミュニケーションは便利ですが、やはりナマの声が持つ力には勝てません。いつもならLINEで済ませるところをあえて電話してみませんか?

コミュニケーションの目的は用件を伝えることだけではありません。電話ならナマの声ならではの温かさを届けられます。留守電に吹き込まれた声を聞くだけで元気をもらえ、心の距離を縮めることもできるのです。

②会う約束は必ず守る

仕事や家庭のことで大人の女性は大忙しです。女友達と会う約束をしていても、忙しさのあまりついドタキャンしたり延期したりしてしまうことはないでしょうか。

緊急時にはやむを得ませんが、キャンセルはあなたの中で友達との約束の優先順位が低いと言っているも同然です。友達はガッカリし、次回の約束をする気をなくしてしまうかも。忙しくても友達との約束は守りましょう。

③一緒に「大人の修学旅行」をしてみる

子供の頃、修学旅行のときに友達と夜通ししゃべったり一緒に新しい体験をしたりすることで、いっそう仲が深まったという経験はないでしょうか。非日常的な経験は人と人との距離を一気に縮める効果があります。

大人になってからも、友達と一緒に昔のような修学旅行体験をしてみませんか? 慌ただしい日常から離れることで、友達とまたフレッシュな気持ちでふれ合えるようになりますよ。

④大変なときはそばにいてあげる

仕事のことやパートナーとの関係、家庭問題など、大人になるにつれ女性の悩みは増えていきます。女友達もあなた自身も、日々様々なことに悩みながらがんばっていることでしょう。

友達が悩んでいるときは、過度に干渉するよりもただ寄り添ってあげることをおすすめします。もうオトナなのですから、自分で乗り越えていく力を持っているはず。一緒にいるだけで相手を思う気持ちは十分伝わります。

⑤相手の事情をわかってあげよう

友達にメッセージを送ってもなかなか返信してくれないときや、イベントに誘っても積極的に参加してくれないときには、ちょっとイライラしてしまうかもしれません。

そんなときも「~してくれない」と相手を責めないでください。友達にもいろいろな事情があるのです。自分の都合ばかり考えず、「今は大変なんだろうな」と相手のことを思いやる気持ちを持てるとよいですね。

⑥自分と友達を比較しない

別々の人間なのだから、人生の歩み方も違っていて当然です。友達と自分をくらべて落ち込んだり、逆に優越感を持ったりするのはまったく意味がないということを、きちんと理解しておきましょう。

友達同士で勝ったも負けたもありません。自分には自分の生き方があり、友達には友達の生き方があるのです。このことをきちんと理解するのが大人の友達付き合いの鉄則です。

⑦お互いに成長し続ける

大人といっても人としてはまだまだ発展の途上にあります。努力して成長し続けるか、自ら成長を止めてしまうかで差が開いていくのは仕方のないことです。

成長の度合いが異なってくると、長年の友達でも何かと合わないことが出てきてしまいます。共に成長し続けていかれるよう、お互いに励まし合い、刺激し合える関係でいたいですね。

女の友情は脆いなんて言わせない!

いかがでしたか? 何でも話せてわかり合える女友達はやはりかけがえのない存在です。相手を思いやる気持ちを忘れず、大切な友情を長続きさせていってくださいね。

girlydrop.com
記事に関するお問い合わせ