無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おばさん化ストップ! わき下の「ぷよ肉」を撃退する5つのエクササイズ

ダイエットをして身体全体の脂肪が落ちても、脇肉ってなかなか落ちにくいもの。これは脇の筋肉が鍛えにくくて衰えやすいのが原因。今回は、憎きぷよぷよの脇肉ができてしまう原因と、撃退するエクササイズをご紹介します!

2017年10月
美容

脇のぷよ肉、チェックしてる?

二の腕の太さを気にする女性は多いと思いますが、実は対策をおろそかにしがちなのが「脇肉」。下着を着けてから背中越しに鏡で久々に身体チェックしてみたら、思っていたよりはみ出てた!という方も多いはず。

脇肉は、胸部周辺にある筋肉が衰えて、バストが外側に広がってしまうことでできてしまいます。しかも、放っておくとどんどん脂肪が蓄積されて、一度つくとなかなか取りづらいといった厄介者!

実際より太って見えたり老けて見えたりするので、気になった方は早めの対策が必要です!今回は、横から見たスタイルにも自信が持てるようなとっておきのエクササイズをご紹介したいと思います。

脇肉ができてしまう原因って?

リンパが滞っている

脇の下には大きなリンパがあり、そこが滞ることで身体の中に不要な老廃物や余分な水分が蓄積されてしまいます。この蓄積された老廃物などが、やがて脂肪となってそのまま脇についてしまうのです。

一度、腕を上げて反対側の手で脇の下を思い切り揉んでみてください。痛みがある場合は、リンパが滞ってむくんでいる証拠。脇肉をスッキリさせるには、巡りの良い身体にすることも大切です。

姿勢が猫背になっている

姿勢が悪いのも脇肉を増やしてしまう悪しき習慣の一つ。普段から猫背になっていたり、前かがみになっている人は要注意!猫背は肩甲骨が開きっぱなしの状態なので、その周辺に脂肪がつきやすくなるといわれています。

さらに、バストを支える大胸筋の衰えにもつながるため、バスト全体が横に広がってしまい、脂肪が脇肉となって目立ってしまっている場合も。デスクワークの時間が長い方は、適度にストレッチを挟むようにしましょう。

ブラのサイズが合っていない

意外な原因なのが「サイズの合っていないブラの着用」です。普段通りにブラを着用しているだけで脇肉を作っている可能性も。あなたが今つけているブラのサイズが、きちんと合っているか確かめてみましょう。

特にNGなのが、体に対して小さなブラを着用している場合。ブラに収まりきらずはみ出たバストやお肉がそのまま余分な贅肉となり、知らぬ間に脇肉になってしまっているかもしれません。

記事に関するお問い合わせ