無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美しい真っ直ぐな足をGET♡「X脚・XO脚・O脚」を改善するポーズ

美脚って足が細ければいいと思われがちですが、足の形だって同じくらい大切です。「でも、足の形って骨格の問題だから治せないのでは…」と諦めている方。自分の努力次第では美しい真っ直ぐな足を手に入れることだって可能なんです!ぜひ、今日から実践してみてくださいね。

2017年10月
美容

まっすぐな美脚に憧れる…!

ダイエットして全体的に足が細くなったものの、今度は足の歪みや形で気になっているという方はいませんか?また、「生まれつきだしもう無理かも…?」と諦めてしまっていたり。

しかし、足の歪みは毎日のストレッチで症状を改善させることができるので、まだまだ諦めてはいけません!今回は、足の悩み別に今より美脚に見せるための改善法をご紹介したいと思います。

まずは足の歪みをセルフチェック!

自分の足が歪んでいないと思っている人も、まずは1度チェックすることをおすすめします。まず、全身が映る鏡の前に立ちます。この時、両足をくっつけてまっすぐ立つのがポイント。

ひざ・くるぶし・ふくらはぎの3か所がくっついているかどうかチェックしましょう。足の歪みはこれを見るだけでわかります。あなたは以下のどのタイプに当てはまりますか?

太もも・ひざ・ふくらはぎの間に隙間がある:O脚

正面から見ると足にアルファベットの「O」の形ができる、日本人の中で最も多いО脚。主に、猫背で姿勢の悪い人がなりやすいと言われています。また、下腹部のぽっこりが改善されないのもO脚が原因の場合も。

足が外側に開くことで太ももやふくらはぎの外側に負担がかかり、筋肉も発達します。さらに、股関節も歪んで骨盤が開いてしまうため、下腹部がぽっこりとしやすくなると考えられています。

ふくらはぎの間に隙間ができる:ひざ下O脚

太ももはひざはきちんとついているのに、ふくらはぎの間に隙間ができる場合、ひざ下O脚の可能性があります。このひざ下O脚は、主にガニ股の人がなりやすいと言われています。

太ももとひざがくっついているので気づきにくいのが特徴ですが、そのまま放置していると股関節にも歪みが出てくる場合も。当てはまった方は、早めに対処するようにしましょう。

太ももとふくらはぎが離れている:XO脚

足をくっつけた時、ひざはくっついていても太ももとふくらはぎに隙間ができるという方は、XO脚と言われるX脚かもしれません。内股で歩く女性に多いことから、特に日本人女性に多いといわれています。

ひざを内側に入れて歩くことで、足の外側の筋肉が発達して、ひざから上はO脚になりXO脚になってしまいます。普段から内股で歩く癖がある方は、今のうちから歩き方を意識して変えるようにしましょう。

ひざ以外の太もも・ふくらはぎ・くるぶしが離れている:X脚

真っ直ぐ立った時、ひざはくっついているのに太もも、ふくらはぎ、くるぶしが離れていて、ひざ下がカタカナの「ハ」の字になっている状態をX脚と言います。

歩く時に自然と重心が前になる人はX脚になりやすく、体重を足の前方にかかるので足の土踏まず部分に力が入ってしまいます。関節への負担が大きいので、放置しておくと激しい関節痛を引き起こす可能性があります。

お悩み別♡ 足の歪みを解消するストレッチ

O脚

1. 脚をそろえて正座

正座はO脚の方にとってあまりよくないイメージがあるかもしれませんが、太ももの筋肉を適度にストレッチするのに効果的です。テレビを見ている時や入浴中など、好きな時間に好きなだけ行いましょう。

脚をそろえて正座をした時、ひざや太ももなど脚全体が「柔らかくな~れ~」と意識しながら正座してみてください。時短テクニックで、お風呂につかりながら実践するのもおすすめです。

2. 寝転び足組みストレッチ

両腕を下ろしたまま、床に仰向けになって両ひざを立てます。片方の脚を上げて寝たまま脚を組みます。上にした脚の足(すねから下あたり)をもう片方の脚の下をくぐらせるようにします。左右それぞれ10秒間キープ。

XO脚

1. 合蹠(がっせき)のポーズ

両足裏をあわせて、ひざを開いて座ります。かかとを身体に引き合わせて足先を手で包むようにして持ちます。息を吐きながら上体をできる限り前に倒していきましょう。30秒間キープし、ゆっくり元の姿勢に戻します。

2. ヒップリフト

仰向けに寝た状態になり、足幅は肩幅に開いてひざを立てます。息を吐きながらゆっくりとお尻と内ももを締めながら上げていきます。ひざと背骨、肩が一直線になるまで腰を上げていきましょう。

腰を上げたら、そのまま3秒間キープします。その後、ゆっくりと息を吸いながら元の姿勢に戻していきます。寝る前にベッドなどで簡単にできますので、ぜひ習慣化してみてください。

X脚

1. 赤ちゃんのポーズ

仰向けの姿勢になりひざを立てたら、お腹の上で両手を組むようにします。その状態で、息を吐きながら太ももを胸に近づけ、両手でひざを抱えるようにして引き寄せていきます。

次に、息を吐きながらさらに組んだ両手でひざを胸とお腹へグッと引き寄せましょう。この赤ちゃんのポーズは、骨盤や股関節の柔軟性を高められるのでX脚の方におすすめです。

2. 太もも上げエクササイズ

うつ伏せに寝たら、両ひざを90度曲げます。おへそを少し浮かせるようにお腹に力を入れた状態で、お尻の筋肉を縮めるように意識しながら、片方の太ももを真上に持ち上げていきましょう。

そのままの状態で、5秒間キープ。1日あたり5回✕3セット、反対側も同様に行いましょう。腰痛がある時は、無理しないようにしてください。

寝る前のストレッチを習慣化して美脚へ♡

ストレッチで脚の筋肉が柔らかくなることで、血流やリンパの流れも改善されるだけでなく余分な脂肪や筋肉まで自然に落とすことができます。スラリと美しい真っ直ぐな脚を手に入れたい方は参考にしてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ