無料の会員登録をすると
お気に入りができます

当てはまったら要注意!男性に嫌がられるNG女子トーク

普段何気なく話している女子トーク、それ、実は対男性の場合はNGなんです。自分では盛り上がっていると思っていても、密かに引かれていたら悲しすぎますよね…。そんなNGトーク集をご紹介します。

2017年10月
恋愛・結婚

④シャッタートーク

「私これダメなんだよね~」

目の前のことをシャットアウトするような発言にも気をつけましょう。「ダメ」「無理」「嫌」は場の空気を盛り下げてしまいます。つい「私これダメなんだよね~」、「うわ~絶対に無理!」などと言ってはいませんか?

男性自身が好きなものを全力で拒絶している姿を見ると、気持ちが萎えてしまうのは当たり前。その場では発言を控えて、後で「実は〇〇が苦手で、伝えてなくてごめんね。今度は~~に行かない?」と話すのがベストです。

⑤比較トーク

「同僚の〇〇さんってカッコいいよね」

話している男性と別の男性を比較するような話題もNG。例えば、「同僚の〇〇さんはすごい出世してるんでしょ?」「この前一緒にいた~~君カッコよかったよね」などです。

Photo by Clem Onojeghuo / Unsplash

男性はプライドが高い生き物。自分と他の男性を比べられて他の男性のほうが優っている状況が嫌なのです。女性だって誰かと比較されるのはいい気分はしませんが、男性はより顕著だということを覚えておいてください。

⑥男性下げトーク

「男らしくない」

わざわざ男性をヨイショするようなことは言わなくてもいいですが、あえて下げる必要もありません。「男らしくない」、「それでも男なの?」などとつい言ってませんか?男性に対して失礼です。

「えっ、知らないんですか?」、「こんなこともできないの?」と男性のプライドを傷つけるのもNG。「同世代の男とは子供っぽくて付き合えない」などの下げトークは、男性を遠ざけてしまうだけです。

⑦探偵トーク

「年収は?学歴は?」

初対面やあまり話したことのない男性に対して、仕事や趣味などを聞くのはいいでしょう。そこから話しが膨らんでいくことが想像できますよね。しかし、それ以上の深入りは注意が必要です。

年収、学歴、自宅、結婚願望があるかないかなど、婚活だったり恋人になってから聞くならいいですが、そうではない場合、男性は査定されているようで不快に思うでしょう。いきなり土足で踏み込むようなトークは避けるべきです。

記事に関するお問い合わせ