無料の会員登録をすると
お気に入りができます

走れる!痛くならない!「正しいパンプスの選び方」教えます♡

ファッション

良いパンプスが欲しい!

正しい選び方をしてベストフィットをGET

ビジネスシーンでもプライベートでも活躍するパンプス。普段使いもすれば、特別なときにも履く、大人女子には欠かせないシューズですよね。ただ、サイズ選びを間違うと足を痛めてしまうこともあります。

そこで今回は正しいパンプスの選び方をご紹介します。走れて、疲れなくて、痛めない、そんなパンプスを選ぶ方法があったんです。

サイズ感5つのチェックリスト

①足の幅にフィット

痛いと感じるのは足の幅に合っていないからです。サイズが合っていないと外反母趾、内反小趾になってしまうこともあります。足の一番広い部分と靴の一番広い部分を合わせて履いて、フィットするか試しましょう。

②足指に余裕があること

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

パンプスのつま先と足指の間に余裕がありますか?1~1.5cmほどは“捨て寸”が空いているのが正解。指がつま先に当たったり、窮屈なのはNGです。ぴったりしすぎていると、足指が曲がったハンマートゥになったり、タコができてしまいます。

③足指をしっかりと包み込む

浅めのデザインも人気ですが、指に力が入りやすくなり、負担がかかって疲れやすくもなってしまいます。足の親指から小指まで、指1本分下のあたりを十分に包み込んでくれるデザインがGOODです。

④かかとの深さがちょうどいい

かかとやくるぶし部分が深すぎると、靴擦れを起こしてしまいます。逆に浅すぎると体重が外に流れて、移動がしづらくなるでしょう。

かかとの外側をしっかり包み込む深さが良いです。くるぶしまで来ると深すぎるのでNG。目安は、手の人差し指の付け根から第一関節までの長さが、深さとしてベストです。

記事に関するお問い合わせ