無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[埼玉・秩父]秩父の魅力がいっぱい詰まったお土産5選♪

豊かな自然とアクティビティ、パワースポットなど魅力がつまった秩父・長瀞エリア。紅葉シーズンに向けておでかけを計画している人も多いのでは?今回は、数ある商品の中で秩父駅や道の駅で購入できるおみやげをご紹介します。 秩父を代表する絹織物「秩父銘仙」をモチーフにしたチョコレートや秩父の観光スポットをデザインしたてぬぐいなど、秩父の魅力がぎゅっと詰まったお土産が勢ぞろい!

旅行・おでかけ

豊かな自然とアクティビティ、パワースポットなど魅力がつまった秩父・長瀞エリア。紅葉シーズンに向けておでかけを計画している人も多いのでは?今回は、数ある商品の中で秩父駅や道の駅で購入できるおみやげをご紹介します。 秩父を代表する絹織物「秩父銘仙」をモチーフにしたチョコレートや秩父の観光スポットをデザインしたてぬぐいなど、秩父の魅力がぎゅっと詰まったお土産が勢ぞろい!

乙女心をくすぐる「秩父銘仙 貯古齢糖(ちょこれいと)」

「矢絣(いちご)」「藤(ほわいと)」(各30g 556円)/亀沢屋

大正ロマンを感じさせるノスタルジックなデザインが施された板チョコ。デザインのモチーフは絹織物「秩父銘仙」から。秩父銘仙とは、国の伝統的工芸品指定されている、大胆で華やかな図柄が特徴の絹織物のこと。養蚕業が盛んだった秩父で誕生し、大正末期から昭和初期にかけて、全国の女性の間で手軽なおしゃれ着として人気を集めたとか。

「矢絣(いちご)」「藤(ほわいと)」(各30g 556円)/亀沢屋

「秩父銘仙 貯古齢糖(ちょこれいと)」のフレーバーは、全部で5つ。甘酸っぱいいちご味「矢絣(いちご)」、濃厚なミルク感のホワイトチョコレート「藤(ほわいと)」をはじめ、「縦縞(まっちゃ)」、「桔梗(ぶらっく)」、「薔薇(みるく)」があり、デザインもフレーバーごとにさまざまで、食べるのがもったいないくらい!

レトロなパッケージが魅力「秩父銘仙 ぷるぷるゼリー」

「秩父銘仙 ぷるぷるゼリー」(各250円)

大正末期~昭和初期に秩父で織られた絹織物「秩父銘仙」のレトロな図柄のゼリー。アルフォンソマンゴーをピューレにしておいしさをぎゅっと詰め込んだ「車厘(まんごー)」(250円)や、透明感のある爽やかなソーダジュースで作る「車厘(そーだ)」(250円)など、フルーツ系のフレーバーを中心に全10種類。ゼリーとしてそのまま味わうもよし、冷凍してシャーベットとして味わうのもおすすめです。

亀沢屋(カメザワヤ)

自然が生んだ手づくりデザート「秩父プリン」

「秩父プリン」(308円)

澄んだ空気と清流の郷である秩父の美味を詰め込んだ「秩父プリン」(308円)。盆地が広がる秩父で育った巨峰やブルーベリーなどフルーツフレーバーから「芋」「楓」など個性あふれるものまで、全部で10種類の味を楽しめます。

秩父デザート(チチブデザート)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ