無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バツイチ男はあり?なし?「こんなバツ男は危険!」チェックリスト

一度離婚している男性でも、魅力的な人はたくさんいますよね。バツイチの男性と恋愛をしたいな、なんて考えることもあるでしょう。しかし、中には危険なタイプもいるようです。

2017年10月
恋愛・結婚

バツイチの男性ってあり?なし?

タイプによって見極めましょう

彼氏や結婚相手に、バツイチの男性も視野に入ってくるアラサー世代。しかし、バツイチ男にも危険なタイプ、安心タイプがあるのです。

ということで、付き合いを深めては危険なタイプをご紹介します。気になるバツイチ男性は大丈夫なのか、チェックしておきましょう。

離婚理由について

・きちんと言わない

離婚したならば必ず理由があるはず。聞いても答えてくれないのは、彼ににやましいことがある可能性が高いです。後から隠していた本性が出てきて、つらい恋愛になってしまうかもしれません。隠し事が多い人はNGです。

ただし、思い出したくないほどつらい思いをして離婚した可能性もあります。理由を聞いてみて、彼がどんな態度なのかを確かめて見きわめましょう。

・「自分は悪くない」

相手側に離婚する理由があったとしても、自分にも悪い部分があったと認めていたり、同じ失敗を繰り返さないために何ができるのか考えている男性は安心です。

逆に離婚に対して「自分は悪くない」という姿勢だけだと危険です。明らかに相手だけが悪いときは別ですが、離婚するのはお互い様という場合が多いからです。自分の非を認められる人でなければ、成長しません。

・理由が男性側にある

男性側に離婚の理由があるとして、さまざまな場合があるでしょう。次のような理由であれば、危険な可能性があります。

・浮気・不倫
・無職(専業主夫は別)
・実家トラブル
・モラハラ
・DV
・借金

理由について本人が反省し、変化しようと努力しているなら素晴らしいことです。しかし、また本性が現れる可能性もゼロではありません。

自分にとってこれは耐えられないかも、と思うような離婚理由であればお付き合いを再考してみる必要があるかもしれません。

・理解していない

離婚理由を本人もわかっていないのは、さらに危険です。例えば突然妻に離婚を言い渡されたとか。元奥さんも急に離婚を思い立つはずがないので、何かしらの積み重ねがあるはずです。

その理由に一つも心当たりがなく、現在まで反省することなく過ごしているというのが彼の危険なポイントです。反省しない人、自分を悪いと思えない人とのお付き合いは大変なので気をつけましょう。

元妻について

・今の彼女と比較する

前の奥さんに関して、あなたと比較するような男性は要注意。「元嫁はこうだったのにな」とあなたを下げる発言をするバツイチ男性と一緒にいると心がしんどくなるだけです。

逆に「前の結婚より幸せだよ」とあなたを良く言ってくれていたとしても、心の中で常に比較していることには変わりありません。結局しんどいのは同じ。過去を振り返っているだけの人とは、前に進めませんよ。

悪口しか言わない

前の奥さんに離婚する理由があったとしても、事実だけを述べれば良いこと。「最悪だった」とか「あんな女の顔はもう見たくない」なんて悪口を言う必要はありません。

悪く言うことでもう気持ちはないとあなたに意思表示をしてくれているのかもしれませんが、人を悪く言うのは褒められたことではありません。あまりにもひどい悪口を言う人には注意しましょう。

元夫として

・責務を果たしていない

離婚して、彼は元夫としての責務を果たしているでしょうか。例えば養育費や慰謝料を払っていなかったり、約束しているのに子供に全く会っていなかったり、あまりにも責任感のない男性です。

あなたと一緒に過ごしていて幸せかもしれませんが、それは誰かの犠牲の上に成立している幸せですよね。人の尊厳を簡単に踏みにじる人だということです。責任感のない男性とのお付き合いも考え直しましょう。

一人の男性として

・自分本位

結婚すれば少しは家庭を優先に考えることも必要です。しかし、結婚してからも今までと何も変わらず、自分本位のまま動いていた人には要注意。離婚理由も彼のそんな性格にあるのかもしれません。

勝手に大きな買い物をしたとか、連絡なしに夜遅くに帰ってくるとか、一人で旅行に行ってしまうとか。結婚したら変わる、と思っていてもたいてい変わりません。彼に自分本位な一面が見えたら気をつけて。

・嘘をつかれていた

離婚理由は性格の不一致だと聞いていたのに、実は彼の浮気だったとか、子供がいるのに隠していたとか。嘘をつく人は、離婚に関してだけではなく、自分にとって都合の悪いことは隠してしまう性格です。

そんな彼と一緒にいても、大変なことがあったときにきちんと向き合ってくれません。都合が悪ければまたすぐ嘘をつくだけ。付き合っていてもしんどいことが待っているだけですよ。

・怒ったときに黙ってしまう

怒って黙ってしまう男性は、話し合うことができません。バツイチの男性と恋愛したり、結婚を考えるとなれば、よりいろんなことを話さないといけないでしょう。

彼に子供がいれば面会はどうなのかとか、慰謝料や養育費、過去のローンや保険などでどれだけの経済的負担があるのかとか。気になることがあって聞いても話してくれないと前に進めません。

これから付き合っていく中で話し合って解決したいことも、彼が黙ってしまえば何もできず、あなたのもやもやがつのるだけです。どんな場合であっても、きちんと話し合える男性でないと深い関係性は築けませんよ。

誠意のある男性を愛しましょう

バツイチの男性の中で危険な人に共通していることは、誠意がないこと。自分の元の家族、そして今後付き合っていきたい女性に対して誠意があれば、自ずと態度や行動が決まってくるものです。

それができていない男性は、結局同じ失敗を繰り返します。誠意がある男性かどうかを見極めて、慎重に恋愛をしていきましょう。

記事に関するお問い合わせ