無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ママ・パパがひたすら実感する「子連れにはショッピングモールが最強」な理由7つ

子育て
www.gettyimages.com

たまひよグラマーが注目!ラク&便利な#買ってよかった育児グッズ12選

「今日はパパとお留守番してもらえるかな?」休日出勤や突然の通院、美容院や同窓会など、ママだって時には1人で過ごす時間が必要。今回は子育て中のママとパパたちの座談会から、ママがいないとき、パパと子どもがどう過ごしているのかを調査。そこで出てきたキーワードは「ショッピングモール」。さらにパパと子どもだけのお出かけ先にぴったりな理由も教えてもらいました。

ママ・パパたちのホンネ! ショッピングモールの良いところ7つ

座談会ででたパパと子どものお出かけ先はショッピングモールがいいという意見。そこで、東京都内や近郊に住んでいるママとパパたちに、子連れでショッピングモールに行くメリットを7つ挙げてもらいました!

参加者
U田さん(3歳、6歳男の子ママ)
N村さん(2歳女の子パパ)
F岡さん(2歳、5歳女の子ママ)
K島さん(4歳男の子、6歳女の子パパ)
H本さん(8歳女の子、14歳男の子パパ)
E川さん(1歳、5歳女の子、7歳男の子ママ)

その1 おむつ交換や授乳がしやすい

都内に勤務するU田さんは、3歳と6歳の男の子のママ。「おむつ交換や授乳室、キッズトイレが随所に設置されているので、子どもの“行きたい!” というタイミングで気軽に立ち寄れるのが嬉しい」と利便性を高く評価しています。それに大きくうなずいたのが、2歳の女の子のパパN村さん。子育てをするまで、「ベビールームはママが利用する場所」と考えていたそう。けれど、男性でも入室可能なベビールームをショッピングモールで利用したら、それまでのイメージが変わったとのこと。「パパだから居心地が悪いと思うこともなく、おむつ専用のごみ箱があったり、調乳専用の浄水給湯器があったり本当に助かります」と話します。

その2 快適な空間づくりがなされている

2歳と5歳の女の子ママのF岡さんは、「子連れだと荷物が多く、下の子をベビーカーに、上の子と手をつないで歩くだけでも大変。だけどショッピングモールはスペースが広いので、そこまで気を遣わなくても大丈夫ですね」。

このスペースが広いという言葉にはほかの出席者もうなづいています。

U田さんも、「ベビーカーごと入れるフィッティングスペースがあるショッピングモールもあるので、眠っている子どもを起こさずに自分の買い物もできちゃいます」と教えてくれました。パパと子どもだけで訪れる際はもちろん、家族での買い物の際もパパも退屈しないですみそうです。

その3 気候や天気に左右されず一年中快適に過ごせる

郊外在住のK島さんは、4歳の男の子と、6歳の女の子のパパ。「炎天下でも、真冬でも、雨の日でも快適に過ごせるのがショッピングモールならではの良いところ。駅や駐車場直結のショッピングモールなら、雨天でも濡れることがないので利用しやすい。妻がいない時は本当に助かります」

その4 気分転換に訪れたい非日常エリア

8歳の女の子、14歳の男の子のパパであるH本さんは、建物の空間デザインを見るのが好きなのだそう。「娘のウィンドウショッピングに付き合いながら、館内を一周散歩すると良い気分転換に」と、乳幼児期を過ぎたパパならではの声。
それに対し「大きくなった娘と一緒にウィンドウショッピングなんて、憧れます!」と、2歳の娘を持つN村さん。また「うちの子は一人っ子。同年代の子と接する機会が少ないので、他の子どもを見ているだけで楽しそうにしています。子どもにとってもいい気分転換になるのかな」とのこと。

その5 短時間でも効率よく買い物ができる

買い物が苦手だというパパ、K島さんは、「フロアごとに目的が分かれていて、効率よく回れる点がいい」とショッピングモールのフロア展開に着目。ファッションが好きな男の子ママU田さんは、「ファミリー向けのショップが多いので、ファッションが苦手なパパも親子コーデとかしたくなっちゃうのでは」と楽しみ方を教えてくれました。

その6 休憩場所としても最適!居心地の良いフードコート

E川さんは、1歳・5歳の女の子と7歳の男の子のママ。「家族それぞれが自分好みの食事ができるフードコートが子連れにはうれしいです。持参した離乳食を食べさせることも、レストランほど気を遣わずにすみます」と言うと皆さん、同意見とのこと。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ