無料の会員登録をすると
お気に入りができます

素敵ガールはやってます♡冬季の憂鬱な気分に負けない“生活術”

この季節になると毎年体調が悪いしやる気がでない。そんな女性は生活を見直してみると良いですよ。日々のちょっとした工夫で心と身体の元気を取り戻すことができます。早速実践してみましょう。

2017年10月
ライフスタイル

だるいし、眠いし、やる気がでない...

太陽が顔を出さず暗い天気が続くと、気持ちまでどんよりと沈んでしまうもの。何故かイライラする、とにかく眠い、やる気が起きない。そんな状態になってしまう人もいますよね。

日照時間が短くなることで、幸せホルモンとも呼ばれる“セロトニン”が不足するからだと言われています。

工夫次第で変われる♡

とはいえ、すべての人が落ち込んでしまうわけではありません!

しっかり工夫をすれば前向きに毎日を過ごすことができますよ。冬季の憂鬱な気分に負けない生活術をご紹介していきます。

1、ベッドでぬくぬくタイム

寒い時期に無理は禁物。目覚めてからしばらくはベッドの中でぬくぬくしましょう♡この小さな幸せタイムを取り入れることが心の余裕に繋がります。血圧を安定させるためにも大切なことです。

おすすめは起きる10~15分前に目覚まし時計をかけること。それなら、目が覚めてからしばらくゆっくりしていられますね。ベッドの中で伸びをして、徐々に身体を起こしましょう。

2、空を見ながら深呼吸

日照時間が減少すると体内時計が狂いやすくなり、体調に悪影響が。きちんとリセットするには、朝日を浴びる必要があります。朝起きたらカーテンを全開にし、空を見上げてみましょう。

どんよりとした空でも太陽の光は降り注いでいますよ。その時に深呼吸をしてみて!深い呼吸には自律神経を整える作用があります。すっきりした気持ちで1日をスタートさせましょう♡

3、たくさん歩く

幸せホルモンの分泌を促すには、単純ですがリズム良く歩くのが効果的。一駅手前の駅で降りて歩いてみましょう!

血流も良くなり体温が上がってきます。心までぽかぽかしてきますよ。寒い寒いと動かずにいたらもっと寒くなるだけ!冬こそ意識的にたくさん歩いてみてください。

4、和食中心にする

イライラが止まらないという方は、砂糖や小麦製品をたくさん食べていませんか?砂糖や小麦製品によって血糖値の上下が激しくなると、気分も安定しなくなると言われています。

心が落ち着かないと感じたら、和食に切り替えてみましょう!腸内環境がも整い体調も良くなります。冬ならお鍋にすれば誰でも簡単にできますね♡

5、背筋を伸ばす

寒くて背中を丸めていると、目線が下がり気持ちまでも暗くなってしまいます。姿勢がその人の気持ちにも影響を与えるということは、さまざまな研究からも分かっていることなんです。

季節にかかわらず前向きな人は、シャンと背筋を伸ばしていますよ。真っ直ぐ前を見れば、不思議と自信が湧いてくるものです。やる気がでないときには、あえて拳を握ってガッツポーズしてみて下さい♡

6、寝る前にホットドリンク

温かい飲み物をゆっくりと飲むと気持ちが落ち着いてきます。寝る前には、半杯~1杯のホットドリンクを用意して飲むようにしましょう。身体が内臓から温まり、安眠にも繋がりますよ。

飲み物はカフェインレスであれば何でもOKです。ホットココア、ホットミルク、ルイボスティー、もちろん白湯でも良いですね。スマホやテレビから目を離して、飲むことだけに集中してみましょう。

7、休日は外出する

太陽の光を浴びることは、心を整えるのにとても大切なことです。休日の昼間は、何だか疲れていると感じていても外出するようにしましょう!

寒いからと遅くまでだらだらと寝ているのはNG。体内時計が狂いさらに体調が優れなくなってしまいますよ。まずは数時間でも良いので、外に出ることを習慣にしてみてください。

冬だって元気ガールでいよう!

生活をちょっぴり工夫すれば、誰でも元気な心と身体を手に入れることができますよ。冬でもエネルギーに溢れている女性はとても魅力的♡ぜひ参考にしてみてください。

記事に関するお問い合わせ