無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[夜寝る前に]運動嫌いでも寝たままできる!下腹ポッコリ便秘解消ストレッチ

美容

ヨガセラピストで料理ブロガー。美容整体ヨガで女性のキレイをお手伝いするサンキュ!STYLEライターのぞみです。

ポッコリお腹の原因のひとつでもある『便秘』に悩む女性は少なくありません。

便秘を解消するためには腸内環境を整えることが重要です。腸内環境を整えるためには、食生活を整えたり白湯を飲むなどの水分補給も必要です。

そして、もうひとつ。腸を動かす力を促してあげることも重要なポイントです。
腸を動かすためには程よい運動が適していますが、運動が苦手という人もいますよね。

でも安心してください。激しい運動をしなくても、簡単にお腹を圧迫したり捻ったりすることで、腸の運動を助けることができます。

腸の運動を助けるガス抜きのポーズと捻りのポーズ

今回は、そんな運動が苦手な人でも寝たままできる、腸の運動を促すためのガス抜きのポーズと捻りのポーズをご紹介します。

仰向けで寝たままスタートです

(1) 仰向けで寝ます。
(2) 両手で右膝を抱きかかえましょう。
(3) 大きく息を吸います。次の吐く息で両手で膝を胸に近づけます。
(4) 下っ腹を太ももで圧迫します。
(5) お腹を膨らませたり緩めたりする、腹式呼吸を行ってみましょう。
(6) 腹式呼吸をゆっくり5回繰り返します。

<気をつけること>
*肩と首の力は抜きます。
*無理に膝を胸に近づけないように、気持ちよく下っ腹が圧迫できているところでキープしましょう。

そのまま捻りましょう

(1) 右手を胸の横に広げます。
(2) 右膝を曲げたまま、左側に倒して捻りましょう。
(3) 左手は右膝の上に軽くのせます。
(4) 腹式呼吸をゆっくり5回繰り返しましょう。

<気をつけること>
*首と肩の力を抜きましょう。
*無理に捻らずに、気持ちよく呼吸ができるところまで捻ります。

反対側も同じようにやってみます

(1) 左膝を両手で抱きかかえて、両手で膝を胸に近づけます。
(2) 下っ腹を圧迫したまま、腹式呼吸をゆっくり5回繰り返します。

捻ります

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ