無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬は『今何時か』を理解している?曜日や時間の感覚はあるの?

時々、「もしかしてうちの子、時計が読めている?」と思うような出来事はありませんか。時計が読めているはずはないのに、なぜかその時刻になると決まった行動をする…なかなか不思議ですよね。犬は曜日や時間の感覚があるのでしょうか。

ペット

もしかして犬は時計が読めるの?時間にまつわる疑問

犬と一緒に暮らしていると、「もしかしてうちの子、時計が読めているのでは…」と疑ってしまうような出来事に遭遇することはありませんか。実際、筆者も愛犬に対してそのような疑問を抱いたことがあります。

例えば、毎日決まった時刻になると、「散歩に行きましょう!」と言いたげな様子で、飼い主の周りをウロウロし出したり、毎日決まった時刻にごはん皿をちょんちょんと叩き、「ごはんの時間よ」と言っているように見せたり…。

「毎日ぴったり同じ時間帯に同じ行動を見せるけれど、もしかして時計が読めているのでは」と思ってしまいますよね。ネット上の体験談を見てみると、やはりこのような疑問を持っている飼い主さんは少なくないようです。

犬に『時刻』という概念はない!

今回は、犬が「今何時か」を理解しているのかというテーマですが、結論から言ってしまうと、「今『何時』か」を犬は理解していません。そもそも、時刻という概念は、人間特有のものであり、人間が独自に生み出した概念なので、その他の動物たちにはありません。

しかし、犬をはじめとした動物たちは、私たち人間以上に正しい体内時計を持っています。

毎日朝日が昇って明るくなり、ある一定の時間が過ぎると陽が落ちて暗くなる…この1日のサイクルを目安に、自分がどのくらいのタイミングで、どのような行動をしているのかを体内時計で正確に判断しているのです。

そのため、時計が読めなくても、「散歩の時間だ」「ごはんの時間では?」「そろそろ飼い主さんが出掛ける頃だ」というように、毎日決まったルーティンを同じ時間帯に把握することができているのです。

曜日の感覚はあるの?

では、時刻ではなく、曜日の感覚はあるのでしょうか。もちろん、曜日も人間が独自に作り出した概念なので、犬に『曜日』という概念はありません。しかし、曜日の感覚はあると考えられています。

皆さんは『サザエさん症候群』という言葉をご存知でしょうか。これは人々が毎週日曜日、サザエさんが放送される時間になると、「また明日も学校か…」「明日は仕事だ…」と実感させられ、憂鬱になってしまうという現象です。

実は、犬にも似たような現象が起きていることが、近年わかってきています。これは、特に飼い主が定期的な休日をもらっている(土日休み)犬がなりやすいと考えられています。

毎日、平日になると決まった時刻に家を出て、夜に帰宅する飼い主。しかし、一定の日数外出した後は、必ず2日間自分(犬)と一緒にいてくれる…と、このルーティンを何度も繰り返すうちに、この流れを犬は学習します。

すると、土日休みのうち、土曜日は「明日も飼い主さんが一緒!」という喜びの感覚に満ちあふれますが、日曜日になると「飼い主さんが家に居るのが2日目だから、明日はまたいなくなってしまう…」と憂鬱になってしまうのです。

この現象から見ると、人間ほど正確に曜日感覚はありませんが、限定された条件に当てはまった場合、犬も曜日感覚を学習することがあると言えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ