無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋の夜長こそ睡眠を♡ぐっすり眠るヒント10

秋は一日ごとに夜を長く感じる時期。インドアで読書や映画に夢中になり、ついつい夜更かししてしまいがちですよね。でも、暑くもなく寒すぎることもない秋はぐっすり眠るのに適した季節なのですよ♡睡眠の質をより一層高めるためのヒントをご紹介いたします。

2017年10月
美容

秋は睡眠に適した季節

睡眠を見直すのに◎

暑くもなく寒すぎることもない秋は、ぐっすり眠るのに適した季節です。普段よく眠れていない、という方はこの機会に「睡眠の質」を見直してみてはいかがでしょうか?

www.pexels.com

1. 体温にメリハリをつける

午後5時~7時の体温と就寝する時の体温差が大きいほど、よく眠れます。午後5時~7時は生体リズムでも体温が上がりやすい時間なので、体温を上げてメリハリをつけましょう。激しい運動でなくても、成長ホルモンの分泌が促される「背伸び」がオススメ。

2. ブルーライトカットメガネを装着

www.pexels.com

ブルーライトを浴びると脳が朝だと勘違いしてしまいます。特に寝る前に浴びると、就寝に向けて体温が下がっていたのに、活動モードに移行して心拍数と体温を上げてしまいます。午後9時以降はブルーライトカットメガネを装着し、就寝モードにしましょう。

3. 週末の寝だめはNG

www.pexels.com

週末に平日より2時間以上、多く寝る人は注意が必要です。寝不足をした分を取り返したつもりでも、かえってリズムを崩してしまうことに。週末の睡眠は平日のプラスマイナス1時間以内に抑えるのが◎。

4. ぬるま湯につかる

pixabay.com

お風呂は熱々のお湯ではなくぬるま湯に設定してゆっくりと浸かりましょう。寝る前に適度に体を温めることで睡眠の質が良くなります。十分にリラックスできれば身体も心もしっかりと癒やされて寝付きやすくなります。

5. 就寝時間を決める!

秋の夜長でついつい夜更かししてしまいがちですが、毎日の就寝時間を決めておきましょう。目安として23〜1時の間に就寝するよう習慣付ければ眠りやすくなり、日中も活動しやすくなるでしょう。リズムをつくることが大切!

記事に関するお問い合わせ