無料の会員登録をすると
お気に入りができます

普段の行動をチェック!お金が貯まるお財布の上手な使い方

自分では節約しているつもりでも、気がつくと今月は予算オーバー。お金を貯めるには財布の使い方を今一度見直してみる必要があるかも?ズボラさんでも実践できるシンプルなヒントをご紹介します。

2017年10月
節約・マネー

お金は「貯めよう」と思うとストレスになる

人が生きていく上で必要なお金。「貯めよう」と義務的な感覚になると、途端にストレスを感じます。お金を貯めるには、3つの意識を変えるのが効果的ですよ。

3つの改革とは「財布の位置づけ」「お金の使い方」「貯蓄方法」。ズボラさんでも無理なくできる、シンプルなヒントをご紹介します。

1.まずは現実を知ろう

どれだけの収入があるのか把握する

カードや電子マネーの支払いが増えているおかげで、なんとなく使った金額がわからなくなっている現代社会。こんな時こそ初心に戻り、お給料を目に見えるかたちで把握しましょう。月収を机に置いてみましょう。

たとえば、手取りで月収25万円の方なら福沢諭吉が25枚並びますね。現金を用意できない場合は紙やカードなどで代用してみましょう。ここから固定・半固定費(家賃や公共料金、通信代、ローン、食費など)を抜き出していくと、自由に使える金額がわかります。

目標別に貯蓄口座をわける

固定・半固定費を抜いた後、手元に残ったお金は人によって異なります。10万円以上手元にある人もいれば、マイナスギリギリの方もいるでしょう。

大切なのは、どんな目的でお金を貯めたいのか。「結婚資金を100万円貯める」と「老後資金を貯める」では、使う時期も用途も異なりますね。貯蓄口座は目的別に用意しましょう。

余った金額=自由に使えるお金?

人生は一度きりなので好きなようにお金を使いたい。もちろんです。けれど、目先の楽しさだけにとらわれていると、あとで泣きを見るはめになるのも忘れずに!

旅行や飲み会、お酒、グルメなどのお楽しみは、貯蓄後残ったお金で楽しむのが鉄則。限られた予算を更に細分化し、計画を立ててみましょう。そういった準備をするのにも財布の使い方は重要ですよ。では、実践編へ。

2.財布の使い方

家計簿アプリなどをうまく使う

お金の出入れには家計簿が欠かせません。昔ながらのノート方式が続かない人は、家計簿アプリを使ってみましょう。移動時間や休憩タイムを利用できますし、レシートを写メするだけでグラフ化してくれる優れものもあります。

記事に関するお問い合わせ