無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは大丈夫?整理のプロが教える「整理収納のよくある勘違い」3選

インテリア

年子姉妹と賃貸暮らしの転勤族、整理収納アドバイザーでサンキュ!STYLEライターの山田なみです。「普通の家で普通の暮らし、誰でもできる収納のこと」をテーマにお伝えしています。

最近はさまざまなところで整理収納のことを学べるようになりました。でも情報があふれすぎていて、ときには振り回されることも。今回は、整理収納によくある勘違いについてまとめてみました。

勘違い1 1in1outすれば大丈夫

1個買ったら、2個以上処分します

ものを増やさないコツとしてよく言われる「1in 1out」。確かにものは増えませんが、一方で減ることもありません。整理収納で何より大切なことは不要なものを処分すること。ものを「増やさない」の前に「減らす」ほうが重要です。

だから最初にやるべきことは「1in Nout」。Nとは複数のことです。1個買ったら2個以上捨てる。そうして家に不要なものがなくなったときに、やっと「1in 1out」にすることができるんですね。

勘違い2 ラベリングはおしゃれのため

ラベリングは収納場所を徹底するために行います

「うちは見た目にはこだわらないし、面倒だからラベリングは不要」と思っているかたいませんか?でも収納が苦手なかたこそ、ラベリングを徹底してほしいのです。

ラベリングは戒めです。何を戒めるかといえば、「そこに収納すべきもの」以外のものをつい置きすること。そのためラベリングする対象は、ものではなく場所なんです。

例えばわが家の冷蔵庫。ポケットには「ドレッシング・ソース」とラベリングしています。これは、絶対にソースとドレッシング以外はここに入れないという決意です。

一度整えた場所や引き出しの中身がまた散らかってしまうのは、本来戻すべきもの以外のものをつい置きしてしまうからだと思います。いつも散らかっている場所こそ、ラベリングを試してみてください。

勘違い3 出しやすさだけを追い求める

お店のようにきっちり並んだ収納は、選びやすいし出しやすいですよね。でもそれを使った後、収納するのに手間がかかったらどうでしょう?

ものを出すときは使う目的があるので、多少出しにくかったり手間があっても取り出せます。一方でしまう方は、すでに目的が終了したオマケでしかないので、手間があるとつい出しっ放しに。

だから収納するときに、より大事にすべきは「しまいやすさ」。ただどんなにしまいやすくても、毎回全部出さないといけないくらい取り出しにくい場合は、やっぱり収納を見直したほうがいいですね。

さいごに

いかがでしたか?まだまだものが多いわが家では、1in Noutが欠かせません。皆さんも当てはまるものがないか、チェックしてみてはいかがですか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ