無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大事なのは“小さな心遣い”。愛され続ける女性が欠かさないこと

恋人や夫から愛情を注がれ続ける女性は、小さな心遣いを忘れません。ここでは、一体どんなことをしているのか詳しくご紹介していきます。あなたはいくつ実践出来ていますか?

2017年10月
恋愛・結婚

愛され続ける女性とは?

大切に想う相手からこの先もずっと愛されたい。そう願う女性は多いのではないでしょうか。

でも一体どうすれば良いの・・・?

心遣いできる女性になろう

大切なのは、小さな心遣いを忘れないこと。長い時間一緒にいると誰もがつい忘れてしまうことです。

些細なことに感じますが、積み重なれば関係は徐々に冷えきっていってしまいます。そうならないためにも、愛され続ける女性が欠かさない“小さな心遣い”を参考にしてみてください。

1、「お疲れ様」を欠かさない

今日も1日お疲れ様。単純ですが、ほっと心が和む言葉です。女性だって仕事や家事、育児を頑張っているときに「お疲れ様」と声をかけられたら嬉しいですよね。

優しい口調でお疲れ様と欠かさず言える女性になりましょう。私だって疲れているのに!なんて思ってしまうのは心に余裕がない証拠ですよ。

2、体調を観察する

何気ない声のトーンや顔色で体調の変化に気付ける女性は、心遣いが行き届いています。相手を観察するということは相手を思いやるということなのです。

これは友達関係や仕事においても言えること。しっかり相手を見て知ろうとしていれば、体調だけでなく楽しいか退屈かなどの感情にも気が付けるはず。思わぬところで不快にさせてしまうこともなくなります。

3、そっとしておく

疲れているとき、イライラしているとき、考え事があるときなどには、男性は一人でいたいものです。どうしたの?なんで?と突っ込みたくなりますが、とにかくそってしておいてあげましょう。

愛され続ける女性は、男性の心理をよく知っています。だからこそ無駄に話しかけるようなことはせず、ただ時間が経つのを待っているのです。

お互い一人の時間を持とう

お互い一人の時間を作ることも大切です。意図的にそれぞれの時間を持ちましょう。べったり一緒にいることが何よりも大事!と思っているうちは、まだまだ深い絆は出来上がっていないかも!?

4、落ち込んでいたら好物を出す

落ち込んでいるときには彼が好きな食べ物を出してあげましょう。無言でもその気持ちは伝わります。これが押し付けない、小さな心遣いなのです。

「元気出して欲しくって・・・」とさりげなく伝えても良いですね。その気持ちは誰だって嬉しいもの。そんな出来事の繰り返しで、あなた無しでは生きられないようになっていくのです♡

料理の腕も大事♡

胃袋を掴め!とは昔から言われていること。しっかり料理の腕を磨くことも大切です。

食事が美味しければ男性は離れていきません。単純ですが、実例はたくさんありますよ♡

5、喧嘩を長引かせない

喧嘩をして意地を張り合っていても良い事はありません。一歩大人になって、自分から喧嘩を終わりに向かわせるのも優しさです。

喧嘩をした後は引きずらず、気持ちを切り替えられる女性になりましょう。そのためには日頃からストレス発散法や没頭できる趣味を持っておくことも大切。勝ち負けに執着してはいけませんよ!

6、褒める

愛され続ける女性は、決まって褒め上手です。日常の些細なことでも褒めることが習慣になっています。褒められると誰だって嬉しいもの!関係も良好になります。

照れくさいなんて思わずに1日1回は褒めてみて。だんだんと良いところを見つけることが得意になり、彼や旦那さんに対する愛情も続きやすくなります!

困ったときは「さしすせそ」

褒めるのに慣れていないなら、男性が喜ぶ「さしすせそ」から始めてみて。「さすが」「知らなかった~!」「すごいね」「センス良い」「そうなんだ~」と相槌を打てば気分が上がります♡

ずっと愛されるために♡

最近、小さな心遣いを忘れてしまっていませんか?意識して取り入れるだけでも思いやりが伝わり、相手があなたのことを大事に想う気持ちも増していきます。

早速今日から始めてみましょう。この先もずっとずっと愛される女性を目指して♡

記事に関するお問い合わせ