無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これ、ハマる♡テレビやSNSで話題沸騰!癒やしの「ハーバリウム」をDIY

光の加減でキラキラと輝く、色鮮やかな「ハーバリウム」をご存知でしょうか。メディアでも紹介され、癒しのインテリアとして大注目を浴びていますよ。今回は、この「ハーバリウム」にスポットを当ててみました。

2017年10月
DIY

※ドライフラワーについて

観賞用のドライフラワーは落ち着いた風合い。それがいい雰囲気なのですが、鮮やさを楽しむハーバリウムには少々不向き。発色が美しいプリザーブドフラワーを使うと良いのですが、個人で用意するには少しお高いんです。

たまたま見つけた日差しとたまたま見つけたドライフラワーでパシャ。
最近お花の綺麗さに目覚めた女子力アップしてしまった。
・
#ひらおかたろぐ#高砂美容師 #locari #ロカリ #結婚式ヘア #ウエディングヘア #ブライダルヘア #波ウェーブアレンジ #大人可愛い #プレ花嫁 #花嫁ヘア #ドライフラワー #セルフアレンジ #二次会 #ヘアアレンジ #ヘアセット  #二次会コーデ #結婚式 #ウエディング #神戸 #himeji #kakogawa #高砂 #姫路 #加古川 #明石 #平岡歩
instagram.com

そこで、色落ちが少ないドライフラワーのつくり方をご紹介します。用意するのはタッパーとシリカゲル(乾燥剤)。ホームセンターでは、ドライフラワー用の乾燥剤も取り扱いしているみたいですよ。

#プルメリア #フランジパニ #ドライフラワー #シリカゲルドライフラワー 挑戦してみます🌸上手く出来るかな?💦
instagram.com

タッパーに乾燥剤を敷き詰め、水分をふき取った生花を入れます。花びらの形を崩さないよう、隙間を乾燥剤で埋めていきます。生花がしっかり埋まるまで詰めたら蓋をして10-15日ほど放置。これで完成です。

ドライフラワー用シリカゲル

豊田化工

¥ 750

細かい粒子なので、花の小さな隙間にもしっかり届き乾燥させてくれますよ。一度使ったシリカゲルはフライパンや電子レンジで再生することができるので、長くたくさんの花をドライフラワーにすることができます。

商品詳細
ドライフラワー用シリカゲル
item.rakuten.co.jp
商品詳細

下準備

①ガラス容器は煮沸消毒(もしくはアルコール消毒)をする。
※雑菌を取り除くことで、より長い期間ハーバリウムの美しさを楽しむことができます。
②ドライフラワーに付着している埃やゴミを取り除いておく。

作り方

①色や位置のバランスを見ながら、お好みの植物を入れていく。
②八分目ほど入れたら、ハーバリウム専用オイルを静かに注ぐ。

#ハーバリウム体験 #ハーバリウム体験レッスン
instagram.com

③状態を確認しながら、植物の位置の調整をし、バランスを整える。
④少し空間を残す状態でオイルを足し、蓋をしっかり閉める。
⑥お好みでリボンやラベルをあしらって完成♡

coniwa初のハーバリウムレッスンが始まってます!
思い通りにいかなくて、意外に難しいらしいです…。
頑張って下さいっ(笑)
#ハーバリウム #さいたま市 #coniwa #coniwaレッスン
instagram.com

専用のキットも便利!

びんの中に閉じ込めた植物標本 手づくりハーバリウムキットの会

felissimo(フェリシモ)

¥ 1,900

心をくすぐる雑貨を多く扱うフェリシモが提供する手作りキットの会から、ハーバリウムが登場しました!毎月1セットずつ届く頒布会式で全6回でコンプリート。毎回異なるカラーで届き、わかりやすい解説付き。必要な材料がすべてセットされているので、初心者さんでも、届いたその日に作成に取りかかることができますよ。

商品詳細
びんの中に閉じ込めた植物標本 手づくりハーバリウムキットの会
www.felissimo.co.jp
商品詳細

ハーバリウムお試しキット

minne:Natural*moco

¥ 3,600

とりあえずお試しに、という人には2本セットのキットをオススメします。1本のキットもありますが、インテリアとして飾るなら複数並べる方が断然オシャレです。また、初めて作った多くの人が「もう1本作りたい」と口にするほどハマるほど。1本では物足りなさを感じますよ。お好みのカラーを選べるほか、個別にカラーのオーダーもできますよ。

商品詳細
ハーバリウムお試しキット
minne.com
商品詳細

皆さんのハーバリウムはこんな風♡

ハーバリウム、初めて作りました!何故なら坂本くんが作っていたから…(笑)
#ハーバリウム#坂本昌行 #V6 #OneDish #coniwa
instagram.com

ハーバリウムだからこそ楽しめる鮮やかな色を存分に詰め込んだ作品がこちら。キラキラ輝く原色カラーがとてもまぶしく、見ているだけで元気になれそうですよね。

記事に関するお問い合わせ