無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目指すのは男女モテ♡「愛され女子」になるための7つの秘訣

昨今、異性からだけではなく、同性からも好意的に思われたいと願う女性が増えてきました。男女両方から愛される人には7つの秘訣がありました♡今回は男女両方から好かれる女性になる方法をご紹介します。

2017年10月
恋愛・結婚

男性からも女性からも愛されたい!

7つの秘訣がありました♡

昨今、“男女モテ”というキーワードが度々話題になっています。男性にモテることだけを目標にするのではなく、異性にも同性にも好かれる女性になりたいという声が多く聞こえてきます。

男性からも女性からも愛される秘訣はあるのでしょうか。今回は男女両方から好かれる秘訣を7つご紹介していきます。

男女モテの共通ルール

①“親しき中にも礼儀あり”を心得ている

親しい仲だからといってなんでも許されるわけではありません。飲みの席だからと相手が嫌がるコンプレックスなどを笑いのネタにしてしまっていませんか。あるいは5〜10分だけだからと、待ち合わせの時間に遅刻していませんか。

そういった些細なイヤな事が積み重なると、相手に対して負の感情が湧きやすくなります。男女ともに愛される人はここを理解しています。仲はいいけれど、礼儀はわきまえる。ぜひ小さなことを見直してみて下さい。

②相手に合わせた対応ができる

誰にでも好かれる人は、相手に合わせた対応が出来る人でもあります。話したがりの友人と会う際は聞き役に、消極的な人と会う際は自分が話し手に。自分のペースではなく、相手のペースに合わせた対応をしているからこそ、「話していて居心地がよい」と思われるのです。

まずは会話をしている相手の反応を改めて観察してみてください。相手はどんな時に笑顔を見せたり、嬉しそうな反応をしていますか。相手がプラスの感情を見せた瞬間こそ、適切な距離感が保てているといえます。ぜひ一度自分の行動を見直してみて下さい。

③会話の幅が広い

人は自分に馴染みがあるテーマを話している時、親近感を抱きやすくなります。例えば、出身地や出身校、仕事などの共通項があると嬉しい気持ちになりますよね。

この心理を利用し、相手との共通項のあるテーマの会話を用意しておくと便利です。相手の出身地が違う場所でも、その地域の情報をある程度知っておくだけで会話のきっかけになります。博識は人間的な魅力にも繋がります。ぜひ会話の幅を広げる努力をしてみてください。

異性モテを目指すには?

上記男女に愛される共通ルールにプラスして、男性に使えるちょっぴり小悪魔なモテテクをご紹介します。

④目線で落ちる男性は多い

あからさまなボディタッチは女性ウケも男性ウケもいまいちです。でも“好き”をアピールしたい時は、目線を使ってみましょう!飲み会などで遠くの席に座っていたとしても、目があったら微笑んでみたり。直接触れるよりも効果が大きいかもしれません♡

⑤平等に、でも特別に話しかける

男女問わず平等に接する人は好かれやすいですが、大勢の中のひとりで終わってしまう場合があります。大勢の中のひとりから抜け出し、特別気になる人になるためには、相手にも特別に接してあげましょう。

例えば大勢の場でなかなか話せなかった男性には、「ずっと話したかったんです!やっと話せましたね。」と素直な気持ちを示してみたり。気になる彼には平等+αの対応をしていきましょう。

同性の友達に好かれるためには?

恋愛面でうまくいっていると、同性の友人から嫉妬されてしまう時があります。でも一方で彼氏がいても好かれる女性もいますよね。そんな女性に共通するものはなんなのでしょうか。

⑥恋バナは素直に

惚気話をすると女性の嫉妬を買いやすいイメージがありますが、その原因はその話が自慢のように聞こえてしまっているからです。素直に嬉しかった、楽しかったなどの感情を話せば、同性の友人も聞いていて楽しい話題になります。

例えば「彼がこんなことしてくれたの、いいでしょ!」という切り口を「この前のデートで彼が〜してくれて嬉しかった」という切り口に変えれば好感が持てる話し方になりますよね。恋バナは女性の大好物です♡ぜひ話し方を工夫してみて下さい。

⑦約束は守る

同性の友人と遊びの予定よりも、男性との約束を優先してしまう女性は多いのではないでしょうか。友人だからOKではありません。先程紹介した「親しき仲にも礼儀あり」にも繋がりますが、いくら男性と仲良くしたいからといって、友人を蔑ろにしては好感度が下がってしまいます。

人として誠実な対応をとることが何よりも大切です。

愛に溢れた人生を♡

男女モテするためには特別なテクニックではなく、人としての魅力を高めていくことが大切です。ぜひ今回紹介した7つを見直し、男性からも女性からも愛される人を目指して下さい!

記事に関するお問い合わせ