無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[水菜の冷蔵&冷凍保存]食感を約2倍長持ちさせる保存のコツ

レシピ

葉先までハリのあるものを選ぶ

まず、新鮮な水菜を見分けるポイントを知っておきましょう。

水菜を選ぶときのポイント

・根元から葉先までピンとまっすぐ伸び、ハリがあってみずみずしい。
・緑色の葉と白い茎の境目がはっきりしている。
・葉が鮮やかな緑色で、大きすぎず、葉脈がくっきりと出ている。
・根元が変色しているもの、水っぽいものは避ける。

適度に水分を補えば10日間ほど日持ちする!

4~5日ほどで使いきる場合は、霧吹きなどで湿らせたキッチンペーパーで全体を包んでから、湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。保存している間にしなびてきたら、水を張ったバットに根元から葉先まで全体を入れ、15分程度浸します。こうすると、ハリがよみがえります。

もっと長持ちさせたい場合は、次に紹介する保存方法がおすすめ。シャキシャキの食感が約2倍も長持ちするうえ、カットしてから保存するため、調理の際にすぐに使えて便利です。

水菜の保存テクニック

1. 水菜を水洗いし、使いやすい長さに切る。
2. 水を張ったボウルに1~2分ほどさらしてザルに上げ、水気を拭き取る。
3. 上の写真のように、密閉容器にキッチンペーパーを敷き、水菜を入れる。
4. 上からキッチンペーパーをかぶせて密閉し、冷蔵庫の冷蔵室に保存する。
※保存中、キッチンペーパーが濡れてきたら取り替える。

保存の目安:約10日

1週間後の鮮度に大きな差が!

上の写真は、紹介した方法で保存した水菜(左)と、購入時の包装のまま冷蔵庫の野菜室で保存した水菜(右)の、8日後の状態を比較したもの。前者は葉も茎もハリがあってみずみずしいのに対し、後者は全体的にしなびてハリがありません。一部、傷んでいるところもあります。実際に比べてみると、保存方法によって鮮度に大きな差が出ることがわかりました。

水菜をまとめ買いしたときや、しばらく使わないときには、冷凍保存もおすすめです。使いやすい長さに切って冷凍保存袋に入れ、冷凍しておけば、約1カ月保存可能。使うときは自然解凍するか、凍ったまま調理しましょう。

シャキシャキ感を生かす調理のコツ

サラダなど生で食べるときは、刻んでから軽く塩もみすると口当たりが良くなります。鍋やスープなどの加熱調理では、最後に加えてサッと火を通し、食感を残すと良いでしょう。

冬においしさのピークを迎える水菜。上手に保存して、シャキシャキの食感を存分に楽しみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ