無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すっきり収納!紙袋を使ったマルシェ風「#野菜室」の作り方♡

ライフスタイル

おしゃれな「#野菜室」が話題!

とってもおしゃれにまとめられた野菜たち。実はこれ「#野菜室」の中の様子。まるでマルシェのような雰囲気ですよね♡

使用しているのは、紙袋と新聞です。見た目の良さもさることながら、いろいろなメリットがあることで取り入れる人が増えているんです!

紙袋&新聞紙を使うメリット

1、汚れたら捨てられる

野菜ストッカーを使用している場合、汚れたら、拭いたり洗ったりする手間がかかります。長く使っていると衛生面も気になるところ。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

その点、紙袋なら汚れが気になったらすぐに捨てることができます!家事が一つでも減らせるのは、嬉しいことですよね。

2、保存状態が良くなる

野菜の保存に新聞紙を使うのは、おばあちゃんの時代から知られている生活の知恵。新聞紙で野菜を包むことで乾燥を防ぐ、余分な水分を吸う、冷気から守るといった効果が得られます。

じゃがいも、ごぼう、さつまいも、里いも、長ねぎ、白菜、大根などが適しています。持ちも変わってきますよ。

3、スペースを有効に使える

市販の野菜ストッカーはプラスチック製のため、サイズがフィットしない時はどうしようもありませんよね。紙袋なら豊富なサイズがある&柔軟性があるのでスペースを最大限活用できます!

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

デッドスペースをなくすのは賢い収納の基本。紙袋できっちり隙間を埋めてしまいましょう。

4、節約になる!?

不要な紙袋を使えば、支出はゼロ円です。活用しきれていない紙袋が溜まっているのなら、使ってみましょう!

記事に関するお問い合わせ