無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便秘が続くと腸が“むくむ”?! 免疫力アップは、まずは便通の改善から!

美容

腸内環境の悪化させる「むくみ腸」って!?

風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルス感染症などに負けない体を作るには、免疫力を高めることが大切です。そのためには、腸内環境を良好に保つことがカギになります。

「腸内環境を悪くする要因として、不規則な生活、睡眠不足、ストレス、便秘、過敏性腸症候群などが挙げられます。なかでも、女性に多いのが便秘。免疫力を上げていくには、便秘を解消することが大前提です」

過敏性腸症候群

便秘の原因も、人によってさまざまです。ストレスや食物繊維の足りない食事、月経周期で一時的に便秘になる人もいます。便が出ないことがストレスとなって、ますます便秘がひどくなることも。
「また、便秘に悩む女性の中には、“むくみ腸”になっている人もいます」と小林先生は指摘します。

むくみ腸とは何でしょう? はじめて知ったという人も多いのではないでしょうか。
「むくみ腸の原因は、便秘による腸の炎症です。何日もお通じがないと、悪玉菌が発する有害物質で腸に炎症が起こり、血流も悪くなります。そこで、有毒物質を水で薄めて無毒化しようと、水をため込むことで、腸がむくんでしまうのです。また、下剤の乱用も一因です。腸を刺激してお通じを起こさせる刺激性の下剤は、強制的に腸を動かすため、炎症が起こりやすくなります。炎症で腸がまっ黒になっている人も。そのうち腸が疲れてしまい、自発的なぜん動運動が起こらなくなるなど、腸の機能が低下してしまいます。それによってますます便秘になってしまうのです」

あなたは快便? 便秘? 便の状態をチェック!

あなたのお通じは大丈夫でしょうか。理想的な便かどうか、チェックしてみましょう。

□色は、黄土色から赤茶色。
□バナナのような形をしている。
□固すぎず、やわらかすぎない便が、力まずにするりと出る。
□ニオイがない。

これらを満たしていれば、快便。腸内環境も良好といえます。
「毎日、便通がなくても、3日に一度、気持ちのいいお通じがあれば、あまり気にする必要はありません。逆に、毎日便通はあっても、かたくコロコロした便しか出ない、残便感がある、力まないと出ないといった場合は便秘といえます」

便秘の人は、今日からでも改善にとり組みましょう。いちばんとり入れやすいのは、食生活の改善です。腸は、栄養を吸収するところなので、ダイレクトに食べたものが影響するからです。もはや常識ともいえますが、おすすめは食物繊維の摂取です。

便秘のタイプで、摂取したい食物繊維は違う!

食物繊維は、便のもとになり、形をつくります。腸のぜん動運動を促し、善玉菌を増やす働きもします。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

●水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、水に溶けてゲル状になり、かたくコロコロした便がやわらかくなって、出やすくなります。また、善玉菌のエサとなり、種類や数を増やす働きもあります。
【多く含む食品】
・りんご、バナナ、キウイフルーツなどの果物、こんにゃく、海藻類、にんじん、オクラや納豆などのネバネバ食品

●不溶性食物繊維

便のカサを増す効果があるので、腸を刺激して、ぜん動運動を活性化します。また、腸内の有害物質を吸着させて、体外への排出を促します。水溶性食物繊維と同様に、善玉菌を増やす働きもあります。
【多く含む食品】
・根菜類、いも類、豆類、玄米、えび、かになど

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ