無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1分で完了♡インスタグラマーが“これだけは必ずやる”宅トレ11選

美容

2つの効果アリ♡1分「宅トレ」

時間がなくても効果的なトレーニングをするなら、2つのパーツを同時に鍛える「宅トレ」はいかがでしょうか? そんなダブル効果のエクササイズをピックアップ。

4:二の腕×体幹=「逆腕立て」

鍛えるのが難しい二の腕。ぶれない軸を作るために大切な体幹と一緒に鍛えられます。

①床に座って。
②肩甲骨を寄せて胸が開く位置に手を置きます。
③足は腰幅に。
④息を吐きながら、手でしっかり床を押して、下腹を凹ましてお尻を上げます。
⑤息を吸いながら、肘を後ろへ曲げてお尻を下げます。
⑥10回〜15回繰り返すのを、1~3セット行いましょう。

5:くびれ×体幹=「収縮トレーニング」

メリハリのある体を作るのに大切なくびれも、体幹と一緒に鍛えられます。横になった姿勢をキープするサイドプランクで体幹を鍛え、収縮する動作でくびれを引き締めるトレーニングです。

①肘をついたサイドプランクからスタート。
②お腹に力を入れて、身体を一直線にして姿勢を伸ばします。
③膝と肘を曲げて、正面でタッチさせる収縮動作を10回~。
④体が前に倒れないように、お腹に力を入れて体幹を鍛えます。
⑤反対側も同じように収縮動作をしましょう。

6:くびれ×下腹=「ねじりトレーニング」

ほっそりとしたくびれと、ぺたんこな下腹、美ウエストを手に入れるために大切なパーツも同時に鍛えられます。いろいろな動きがあるトレーニングで、それぞれの動作を10回ずつ行いましょう。

①仰向けになって。
②手は頭に、脚は浮かせて。
③足の動きに合わせて上半身をねじります。
④初心者は膝を曲げて、慣れてきたら膝を伸ばして。
⑤次に、膝を曲げて脚をつき、腕は前に伸ばしてロールアップ。下腹に力を入れて。
⑥最後に、上半身を浮かせて合掌し、上体をひねって完了です。

7:体幹×下腹=ひねりポーズ

下腹がぽっこり出ていると、ほかが細くても太って見えてしまいます。細見えには大事なパーツです。体幹と一緒に鍛えていきましょう。

①手を肩幅に開いて四つん這いになり、脚を後ろに伸ばします。
②頭からつま先まで一直線になるイメージ。
③息を吐きながら、片ひざを曲げて、対角線の脇の下に持ってきます。
④反対側も同じように。
⑤下腹を意識して20秒~繰り返しましょう。

8:お腹×太もも=レッグレイズ

引き締まっていたいお腹と太ももという2大パーツも同時にトレーニングしましょう。基本的なレッグレイズ=脚を上げるエクササイズで簡単に鍛えられますよ。

記事に関するお問い合わせ