無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片付けのプロが実践!散らかった暮らしをやめるための3つのコツ

ライフスタイル

整理収納アドバイザー、サンキュ!STYLEライターのたけうちゆうこです。

片づけても片づけても部屋が散らかるので片づけることに疲れた。時間がなくて片づけを後回しにしてしまう。家族も散らかし放題でイライラしちゃう。

これは過去のわたし…。そんなわたしが散らかった暮らしをやめるためにしている3つのことをお伝えします。

1.モノを購入する際に置き場所を考える

新しいモノを購入しても置く場所がなければモノが収納からあふれてしまいます。床やテーブルにあふれたモノが散らかる原因のひとつです。

例えば食器類。
食器棚のスペースは決まっているのでそこに入る分だけのお気に入りを持つことにしています。主に、和洋中どんな料理にも使える食器を持っています。お店にいくとかわいい食器をついついそろえてしまいたくなりますが、そのときは必ず今使っている食器を手放すこともセットで考えます。

収納スペースが足りないからという理由で収納グッズを買い足す前に、まずは手放すモノはないか、見直しを先にしましょう。

次に食品や洗剤、シャンプーリンスなどの生活用品などのストック類です。こちらも安いときに買いたいからとまとめて購入してしまいがちなモノ。

わが家では近所にドラッグストアやスーパーがありすぐに買いに行けるので、ストックは1つと決めています。在庫がなくなってから買いに行ってもとくに不便はありません。そのため収納スペースも広くとる必要がありません。

買いに行く頻度を減らすことを目的にまとめ買いをするかたは、ストックするスペースを決めて、収納場所からあふれないようにすること。
ネットで購入する場合もお店で購入する場合も、自宅の収納スペースの在庫を確認してからにするとむだに買ってしまうこともありません。

2.誰でも出しやすくしまいやすいかどうかを考える

こちらはわが家の薬類の入った引き出しです。

体温計や耳かき、保湿クリームなど、家族がよく使うモノが入っています。
例えば、体温計を使うときは、
引き出しを開ける→体温計を取る→引き出しを閉める
3つの動作で完了します。

これが仮に引き出しの中の小さなボックスに入っていたらどうでしょうか。
引き出しを開ける→小さなボックスを開ける→体温計を取る→小さなボックスを閉める→引き出しを閉める
と5つの動作が必要です。引き出しの中にそのまま入れた方が取り出しやすくしまいやすいですよね?

わが家では引き出しの中に収納する方法を採用していますが、ペンスタンドなどに立てて出しっぱなしにしておくのも一つの方法です。

収納する場所を決めるときには、自分の目線だけではなく子供や夫、家族みんなが使いやすくしまいやすい定位置を探すようにしています。それによって家族みんなが自分でしまってくれるので、本当に助かっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ