無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そろそろ言われるかも?男性から告白されるためにしておく5つのこと

知り合ってから2人で出かけることも多いし、結構連絡も取りあっているのに、なかなか告白されなかったり、付き合うまでの関係に進めないのはじれったいですよね。今回は、告白待ちを脱出!告白されるためにしておくことをご紹介します。

2017年10月
恋愛・結婚

「友達以上恋人未満」を卒業したい!

気になっている人や、密かに好きな人はいるけど、なかなか「恋人」の関係に進めなかったり、イイ感じなのに相手が告白してくれなくてじれったく感じていませんか?

今回は、告白待ちを卒業する!告白されるためにしておくべきことをご紹介します。

①「好き」をアピールする

告白する側は、「もし、振られたらどうしよう」「本当は自分の事、何とも思ってなかったりして?」とネガティブになってしまいがち。その不安を取り除くには、「好き」な気持ちをアピールしてあげることが大事。

曖昧な関係を脱却する方法

「友達以上恋人未満」の曖昧な関係は、お互いのことが気になっていても傷つくのが怖くて1歩踏み出せなかったり、今の関係が壊れるのが怖くてズルズルと続いてしまったりしやすいんです。

もし、相手のことが好きなのであれば、自分の気持ちや相手とどうなりたいかは積極的にアピールするのがベターです。曖昧な返事や気持ちは、態度に出てしまいやすく、相手を混乱させてしまう原因になります。

いつも誘ってもらうなら、今度は自分から誘ってみたり、2人で出かける口実を作ってみるのもおすすめです。2人でいる時間を楽しんでいることをアピールすることで、相手も一緒にいて楽しいと思ってくれます。

②「脈ありサイン」は、1人だけに

よく、好きな人や気になる人を振り向かせるためや、嫉妬心をあおるために、他の人に言い寄られていることをアピールしたり、合コンに行くことなどをアピールする方法を目にしますよね。実は、危険な方法なんです。

「諦める派」は意外に多い!

気になる相手に他の人の影を感じた時に、諦めてしまう人は意外に多いんです。そうなってしまうと、嫉妬心をあおるどころか、せっかくイイ感じだった関係に急に距離感が出来たりして、どんどん逆効果になることに…。

本当に関係を発展させたい時は、「脈ありサイン」を出すのは意中の人のみにしましょう。誰にでも好きアピールをしていると、「本当は他の人が好きなんだ」や「興味ないんだ」と誤解されやすくなります。

記事に関するお問い合わせ