無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思いとどまるのが吉?あんなにラブラブだったのに冷めたらどうすればいいの?

彼のことが大好きでずっとラブラブだったのに、最近は冷め気味。そんなとき、スパッと別れるか思いとどまるべきなのか悩みますよね。勢いで別れて後悔しないように、どうするのがベストなのか考えてみませんか?

2017年10月
恋愛・結婚

彼に対して冷めてきたかも...

彼からメールが来るだけでも幸せで毎日ウキウキしていたのに、最近は特に何とも思わない。彼への気持ちが冷めてきたことに気付くと、このまま付き合い続けるべきなのか迷いますよね。

もちろん、気持ちが冷めたら即別れるべきというわけではありません。ただ単にお付き合いが順調過ぎてドキドキ感がなくなっていたり、仕事などによるストレスで恋愛気分になれないだけということもあり得るからです。

とは言え一度別れが頭の中をよぎると、このままでいいのかなと不安になるのではないでしょうか?ここでは別れるべき理由と、まだOKな理由をまとめてみました。決断する前に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

付き合い続けた方が良い理由は?

話していると退屈

彼と一緒にいるのが退屈だと、これなら家に帰って寝た方がいいかも...なんて思ってしまいますよね。しかし共通の話題が少なくてお互いが元々話し好きでなければ、会話が少なくなるのは当たり前のことなんです。

別れを考える前に、共通の趣味などを探してみてください。特に相手の趣味に合わせるよりも、2人共未体験のものがおすすめ。例えば同時期にゲームを始めて競い合えば、話が止まらなくなりますよ。

会う回数が減ってきた

最初の頃はデートが最優先で、友人との付き合いや趣味を疎かにしていませんでしたか?会う頻度が減ると別れが近いような気がしてしまいがちですが、お互いがやりたいことをできる関係の方が長続きしやすいんです。

今度の休みは女友達と過ごしたいと思うのは、長い目で見ると決して悪いことではありません。自分の時間と彼を大事にしながら、居心地の良い関係を作り上げていってくださいね。

金銭面で負担が少ない

お金目当てで付き合っているわけではなくても、一緒にいることによって金銭面で楽になる面も結構あるのではないでしょうか?特に同棲をしている場合、別れて一人暮らしを始めるとかなりの出費になりますよね。

もちろん恋愛も大切ですが、生きていくにはお金も不可欠です。他に大きな問題はなく気持ちが冷めただけであれば、まずは貯金に励みながらゆっくり考えてみてはいかがでしょう?

別れを考えた方がよい理由は?

以前別れていた時期がある

一度別れても復縁して幸せになるケースもありますが、何度も繰り返すようであれば要注意。2人の間には決定的に足りない何かがある、と考えても良いのではないでしょうか?

Photo by Jiří Wagner / Unsplash

気持ちが盛り上がって復縁したのにまた冷めてしまったら、このままで良いのか1人でじっくり考えてみましょう。もしかしたら、彼は運命の人ではないのかもしれません。

相手の欠点が気になって仕方ない

ラブラブな頃は誰もが「あばたもえくぼ」状態になりますが、気持ちが冷めてくると彼の嫌な部分が目につくようになりますよね。一旦気になると他のことも気になり出して、毎日イライラしていませんか?

このままずっと我慢をして一緒にいたら、彼の存在そのものが不快に感じられてしまうこともあります。今すぐに別れなくても、少し距離を置く方が気持ちが楽になりますよ。

将来に対する考えが違う

2人とも結婚する気がないのなら何の問題もありませんが、どちらかがしたいと思っていれば話は別。特に女性としては、妊娠出産のタイミングも気になりますよね。

この人との結婚は無理だなと思って気持ちが冷めているのなら、素直にそのことを相手に伝えておきましょう。彼の何気ない一言からあれこれ想像しても、余計な悩みが増えるだけです。

Photo by Alvin Mahmudov / Unsplash

もしそこで相手が前向きに考えてくれることがわかったら、もう少し待っても良いでしょう。しかし乗り気でなかったり話を逸らすようであれば、幸せは次の恋にあるのかもしれませんよ。

考える時間を作ってみて

とにかく大切なのは、衝動的な気持ちで別れを決めないこと。まずはしばらく、今の自分の心の声に耳を傾けてみてください。ノートに書いておいて、1週間後に読み直す方法も効果的です。

Photo by Milan Surbatovic / Unsplash

別れても付き合い続けても、後悔することはあるかもしれません。しかし自分が納得していれば、過去を引きずらずに済むはず。しばらく考え続けて、自分の心の中からスッと答えがでてくるのを待ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ