無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラサーからのお友達作り!大人の「フレンズ」の作り方8つ

子供時代には周りにたくさん友達がいたのに、大人になるにつれて友達作りが難しくなる女性は案外多いようです。今回は、友達作りが特に難しくなってくるアラサー女性をメインに、友達作りのヒントをご紹介します。

2017年10月
ライフスタイル

意外と切実な「大人の友達作り」

孤独が好きなわけでもないのに、友達があまりいないと感じている方はいませんか?実は、友達がいない女性は20人に一人の割合でいると言われ、特に30代からは多くの時間を「ぼっち」で過ごす人が増えています。

楽しい時間を共有したり、気持ちに共感してくれる友達は人生を彩ってくれる貴重な存在。けれど、子供や学生時代に比べて簡単にできないのも事実です。どうしたら友達の輪を広げることができるのでしょうか。

大人の友達作りが難しい原因は?

まずは、アラサー女性が友達を作りにくい原因から探ってみましょう!そこに意外なヒントが隠れているかもしれません。

人に気を遣ってしまう

ちょっとしたきっかけで友達が作れた子供時代に比べ、大人になると人に気を遣うようになります。きっかけ作りがうまくいかないのも、友達がいない方の大きな悩みの1つ。

pixabay.com

繊細な人ほど「嫌われるんじゃないか」「受け止めてもらえないのではないか」と考えすぎて、行動に移せないパターンが多いようです。

環境が変わりやすい

女性は職場や結婚で環境が変わりやすい傾向にあります。特に20~30代には、人生の大きな転機を迎える方も少なくありません。

pixabay.com

新たな場所で、また一から関係や環境づくりをしていくのは大変な作業ですよね。でも、望んではいないのに孤独感を感じ、どうしたらいいのかわからないまま時間が過ぎていくのは本当に辛いことです。

一人で過ごすことに慣れてしまう

大人になるにつれ、嗜好やライフスタイルははっきりしてきます。長い期間気を遣わず一人で過ごすことに慣れてしまうと、友達と過ごす時間が減っていくという結果になることも。

pixabay.com

例えば、イベントや嬉しいことがあった時、いざ人と一緒に過ごしたいと思っても周りに誘える人がいないという経験はありませんか?そこではじめて孤独や寂しさを感じて焦る方も多いようです。

こうすればうまくいく!友達作りのコツ8つ

人見知りでもコミュニケーションがあまり上手ではなくても、友達を作り増やすことは可能です。毎日の生活の中で心がけたい7つのポイントをご紹介します。

1:自分から声をかけてみる

本当は話してみたいのに、勇気がなくて離せないまま終わってしまうという方はいませんか?でもそれって自分だけではなく、相手も同様に思っていることかもしれません。

pixabay.com

実際に勇気をだして話しかけてみると、相手も実はそれを待っていたというパターンも多いのです。もし断られたとしても十人十色ですから気にする必要はありません。勇気をもって最初の一歩を踏み出してみましょう。

2:サークルや仕事で人脈を増やす

女性に多い悩みの1つに、引越しや転勤など環境が変わることによって、築いてきた人間関係から離れてしまい孤独を感じるというものがあります。

Photo by Jon Tyson / Unsplash

ある程度環境に慣れてきたら、思い切って人の輪に飛び込んでみるのも1つの手。例えば趣味のサークルにはいってみる、パートをはじめてみる、ボランティアに参加するなど場所はたくさんありますよ。

3:友達は年齢・性別にこだわらない

友達は、同性・同年齢にこだわる必要は全くありません。性別や年齢が違うからこそ教えられることはたくさんあり、それは実は大人の友達作りの楽しさの醍醐味でもあるんです♡

pixabay.com

幅を広げることで当然友達候補になる人数も増えてきます。大切なのは性別や年齢ではなく人間性。良識があり気のあう人なら、友達として受け入れるべき資質は十分にあります。

4:楽しい時間を共有してみる

親しくなりたいなぁと思う人が出てきたら、今度はイベントや食事など楽しい時間を共有できる場所に誘ってみましょう!誘われて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。

pixabay.com

人は時間を長く共有する人に心を開きやすくなる傾向があります。それが楽しく素敵な時間ならなおさらですよね!まずは軽くお茶から誘ってみるのもおすすめです。

5:ギブ&テイクを心がける

せっかく親しくなっても、会うたびに話をいつも聞かされるだけ、あるいは頼まれるだけの立場だと嫌気がさしてきてしまいます。

pixabay.com

聞いてもらったら次は相手の話を聞く、支えてもらったら苦しい時に支えになるなどギブ&テイクは必要です。自覚なく行動してしまうことも多いので、いつも心がけておきたいですね。

6:“共感力”を養う

良いことがあれば一緒に喜び、悲しい時には一緒に悲しめる「共感力」が強い人は、友達も多い傾向にあります。

www.pexels.com

友達の成功や幸せを妬み、素直に喜べないのは自分の自信のなさの裏返しです。自分のことのように一緒に喜ぶことができる人には、自然と人が集まってきます。

7:適度な距離感を保つ

気をつけたいのは、親しくなったからと言って相手に依存しないようにすること。幾ら親しい友達でも、触れてほしくないことや踏み込んでほしくないこともあります。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

人には大切にしたいプライベートな面が必ずあります。適度な距離感を保って気持ちよく過ごせる相手こそ、長続きすることを覚えておきたいですね。

8:定期的にコンタクトをとる

せっかく知り合っても接点がないままでは、自然消滅してしまいます。ただの近況報告でもいいので、メールやSNSを通じて定期的にコンタクトをとっておけば相手に忘れられることもありません。

www.pexels.com

まめに連絡をとるのが苦手な方もいますが、そのペースは自分のできる範囲内で十分!言葉をやり取りする中で、また楽しい計画がもちあがることも少なくありません。

さっそく実行してみよう♡

Unsplash

性格や環境は人それぞれ。ご紹介した項目が全ての人に当てはまるわけではありませんが、思い当たる点があった方はぜひ参考にして友達に囲まれた豊かな人生作りのヒントにしてくださいね!

記事に関するお問い合わせ