無料の会員登録をすると
お気に入りができます

服を上手に断捨離する方法って?優柔不断なあなたに手順やコツをご紹介!

ライフスタイル

コツ⑤気分が上がらない服

最後まで残った服をさらにふるいにかける場合、「着た時に気分が上がるかどうか」が断捨離の判断のコツとなります。

実用的で、コスパが良い服であっても、着た時の気分が高まらない服は自分の中で価値が低いという証拠。

大切に使い続けられる保証がないため、今回処分をしてしまいましょう。残った服は、どれも一軍のものであるかを最終チェックしてみてくださいね。

服を上手に断捨離する方法《服との向き合い方》

向き合い方①持つ服の数を決める

断捨離は、いらない服を処分して終わりではありません。残ったものを大切にし、今後の向き合い方を見直すことも重要です。

そこで、まずおすすめなのが持つ服の目安を決めること。トップス、ボトムス、下着、靴下など、項目別に持つ服の数を決めていきます。

すると、服を気まぐれに買うことがなくなり、収納スペースの状態もキープすることができます。

向き合い方②着回しをイメージして選ぶ

断捨離の後に新たな服を買うときは、できるだけ多く着回しできるデザインを選びましょう。使い道が多い服は、実用性が高く価値があります。

奇抜なデザインはコーディネートしづらいため、シンプルでベーシックカラーを中心に選ぶと着回しがしやすいですよ。

コーディネートの雰囲気を変えたい方は、バッグやアクセサリーなどの小物でアレンジするのがおすすめです。

向き合い方③セール・流行りで服を決めない

セールやバーゲンの服って、着るかどうかは後回しで買ってしまいがちですよね。実は、こういう服ほど断捨離で処分の対象になりやすいです。

また、その年の流行りの服も、着るのは今回限りとなってしまうケースがほとんど。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ