無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本命にしたい!男性が是が非でも「付き合いたい」と思う女性の特徴12

男性が好みの女性というのは人それぞれですが、誰もが「本命にしたい!」と思ってしまう女性もいるのだとか。そんな全男性のハートを射抜いてしまうのはどんな女性なのでしょうか。

2017年11月
恋愛・結婚

「本命にしたい!」のはどんな女性?

男性が虜になる理由がありました♡

好きな人には「本命にしたい!」「付き合いたい!」と思ってもらいたいですよね。しかし、振り向いてもらえなかったり、軽んじられて遊ばれるだけ、なんてこともあります。

Photo by Thought Catalog / Unsplash

男性が本命彼女にしたいと思う女性には共通点がありました。そんな男性を虜にする女性の特徴を学びましょう。

1.癒やされ女子

笑顔と聞き上手がポイント

男性の誰もが好きなのが、優しい女性。さらに癒やされる存在であれば、ずっと一緒にいたいと思ってもらえます。癒やされると思わせるのに大切なのは、笑顔と聞き上手であること。

彼と過ごすときに心から笑えば、彼もきっとうれしくなってくれるでしょう。話し好きな女性も多いかと思いますが、男性だって話したいもの。途中で話を遮らない聞き上手さんは貴重な存在。親身になって彼の話を聞いてあげる女性は手放したくなくなるはずです。

2.社会人としてきちんとしている

恋愛のその先まで考えたくなる

社会人としてきちんとしている女性も、本命彼女にしたくなるタイプです。ビジネスマナーや食事のマナーを心がけていたり、言葉使いがきれいだったり、礼儀正しかったり。

ただかわいいだけ、愛らしいだけなら、男女の関係を楽しむのには十分でもその先はないかもしれません。人としてきちんとしていれば、その先も見えてくるというもの。

3.自信があっても自慢しない

奢らず謙虚に

自分に自信がある女性というのは魅力的に見えます。体型をキープするためにトレーニングしていたり、自分を引き立たせるメイクやファッションをしていたり、仕事ぶりや生き方が素敵だったり。

自信は自然と表に出てくるものです。だからといって、他人を蔑んだり自慢したりするのはNG。そうした行為は、本当は自分に自信がない女性のすることです。本当に自信があれば他人なんて気にせず、私は私と思えるもの。奢らず謙虚な姿勢でいるようにしましょう。

4.自分の意見をきちんと言える

相手の意見もきちんと聞く

周りに流されやすい性格だと、遊び人に目を付けられて、言うがままにされたり…。きちんと自分の意見を伝えつつ、相手の意見を聞き、より良い関係性を作ろうとする女性こそ本命に選ばれるのです。

つまり、対等な関係になれる女性ということ。男性は恋人であることと同時に、パートナーであることを意識します。従属ではなく、対等な関係を築きましょう。

5.価値観を押しつけない

人間は一人一人違う

恋愛観が違うとすれ違うことも多いです。例えば、「こうすると彼は喜ぶ」に必ずしも相手が喜ぶわけではありません。また、「どうして彼は何もしてくれないの?」と思っていても、彼はたくさんのことをしてくれているかもしれません。

Photo by Shamin / Unsplash

すれ違いに怒ったり泣いたりするのは、自分の価値観を押してつけているからではありませんか?大切なのは自分の意見をきちんと伝え、それ以上を求めないこと。

「私はこう。あなたはどう?」と、価値観を押しつけないということが肝心。価値観は人それぞれ違うということを心得て、互いを理解し合えれば深い関係になれます。

6.簡単に落ちない

自分を明かしすぎない

簡単に落ちる女性は男性から軽んじられます。好みにタイプだからと流されて、容易に一線を超えてしまうなんてNG。本当に好きだと確信してから、体の関係を持ちましょう。

また、自分のことを話しすぎるのもNG。聞かれたら答えるくらいでOK。ミステリアスな女性の方が、男性はどんどん知りたくなって惹かれていきます。

簡単に落ちない女性の方が男性も燃えるし、付き合ってからも大切にしたくなるものです。自分を明かしすぎないように気を付けて。

7.どんな状況でも楽しめる

“何をする”より“誰とする”が大切

男性も最初は付き合いたいと奮発してデートを計画します。しかし、付き合い始めると毎回そんなに頑張れるわけではないので、特別感のあるデートではなくなってしまいます。

だとしても、彼と過ごしているだけで楽しめる、そんなことは気にしないという女性こそ本命にしたくなります。何をするかより、誰とするか。好きな人と一緒にいればどんなことでも楽しめる女性ってステキです。

8.ポジティブな着眼点がある

ずっと話したくなってしまう

人間ですから愚痴を言いたくなることもあります。それは当たり前。しかし、悪口などずーっとマイナスなことを言い続ける人と、一緒にいたいとは思えませんよね。

本命になる女性は、とことん落ち込んでも、きちんと前に踏み出します。男性から相談を受けたとしても、とことん聞いてからポジティブな着眼点を見つけてくれるのです。

話を聞きたくなるし、聞いてもらいたくなる…。ずっと会話したくなる女性は、ポジティブな考え方ができるものですよ。

9.一人の時間も充実させる

自立した大人の女性でありたい

「彼と会えないと寂しい…」という気持ちを抱くこともあるでしょう。でも、度が過ぎると彼に依存してしまいます。相手が重いと感じてしまって、別れを切り出されることも。

Photo by Sam Burriss / Unsplash

自分の時間を大切にして、一人で過ごすことを楽しみましょう。一人だからこそできることもたくさんあります。一人の時間も充実できる女性は精神的に自立しているので、男性も安心して交際できるのです。

10.なるべく感情をコントロールする

でも怒るときは怒ってよし

感情的になりすぎるのもNG。言わなくても良いことを言ってしまうとお互いに傷つくだけです。自分の感情の波を知って、話し合いは要点だけを伝えるようにしましょう。

ただし、怒ったり泣いたりしても良いときもあります。彼が浮気したとか、大切な人を侮辱したとか怒って良い行動に対しても温厚に対応したら「何でも許す女」になってしまうだけです。あなたがどうしても許せないときは、感情を露わにして伝えましょう。

11.たまには弱味を見せてもいい

ギャップにドキッ♡

誰にでも弱さがあります。もちろん寂しいときもあります。たまに脆さを見せると、いつもとのギャップに男性はドキッとするものなのだとか。

これが男性の庇護欲を駆り立て、誰にも渡したくないという気持ちを起こさせます。つらいときは我慢しないで、弱い一面を見せることも大切です。

12.愛する人が愛される人

求めすぎないのが愛なんです

本命として愛してもらいたいなら、相手を愛すること。彼の一挙一動に心を動かされ、嬉しくなったり落ち込んだり、連絡がないと「浮気かも」と不安になったり…。これは「愛」ではなく「恋」です。

Photo by Haley Powers / Unsplash

彼のどんな姿さえも愛おしいと思い、間違っていることがあればきちんと指摘をする。連絡がないときは「大丈夫かな」と心配する。相手のことを思うことこそ「愛」です。そうやって相手を愛する人は相手からも愛されます。

本命彼女は尊敬したくなる女性♡

男性が本命にしたくなる女性というのは、同性から見ても思わず尊敬してしまうような女性です。つまり、対等な立場に立てて、魅力的で、尊敬できる女性が本命になれるのです。

自信があって、自分をきちんと持っている、魅力的で素敵な女性になりませんか?

記事に関するお問い合わせ