無料の会員登録をすると
お気に入りができます

波風立てずに上手くいく!苦手な人と付き合っていく6つの方法

職場やサークル、趣味の集まりなどで、苦手な人が出来てしまうことってありますよね。何も楽しめなくなってストレスを感じることも。今回は、人間関係に波風を立てたくない人におすすめ!苦手な人ともうまく付き合っていく方法をご紹介します。

2017年11月
ライフスタイル

波風を立てたくない!

職場やプライベートで、「苦手な人」っていませんか?なるべく波風を立てずに穏便に大人の付き合いが出来れば良いですよね。今回は、人間関係に悩む人におすすめ!苦手な人とも上手く付き合う方法をご紹介します。

①感情をリセットする

ネガティブな感情や疲れている状態を引きずってしまうと、誰かに八つ当たりしてしまうことも。自分の気持ちが乱れていると感じたり、疲れていると感じたら、気持ちのリセットを心がけましょう。

1度気持ちをニュートラルにしてみると、悩んでいたことやネガティブに感じていたことを客観的に分析出来ます。まずは気持ちを落ち着かせることや、1度冷静になる努力から始めてみましょう。

②好きになれなくてもOK

仕事でもプライベートでも、「この人、何か苦手かも…」や「あんまり付き合いたくないな…」と思う時ってありませんか?誰にでも、苦手な人がいて当然ですし、無理に相手の事を好きにならなくてもOKです。

苦手な相手とどうしても付き合わないといけない状況の時は、必要最低限の関係だけで、後は深入りしないのがベターです。「うわべだけの関係」も、時には必要です。

③リラックス法を見つける

嫌いな人の事や、ストレスに感じた時のことを思い出して、余計にストレスを感じて疲れてしまうことはありませんか?わざわざ思い出して、さらにストレスを感じてネガティブになるのは、不健康です。

自分の気持ちをニュートラルにするために、リラックスできることをしたり、自分らしさを取り戻せる時間を作りましょう。誰かに相談しても良いですし、趣味や1つのことに没頭出来る時間があると、嫌なことも忘れられます。

④物理的に距離を置く

急に無視をしたり、相手を避けるような態度をあからさまに取ってしまうと、関係が余計にギクシャクしてしまうことも。今の関係をさらに悪化させないためにも、距離を置いてみることがベターです。

表情や態度には出さないようにしていても、無意識のうちに外に出てしまっていることもあります。なるべく嫌悪感を隠しつつ、極力相手には会わない・話さない環境を作りましょう。

⑤理由を考える

相手から嫌がらせをされたり、陰口を言われて、相手を嫌いになったり苦手に思ったキッカケってありますよね。本当に相手のことが苦手かどうか、1度考えてみましょう。

1度考え直してみると、自分の勘違いだったことや、お互いの事を誤解していたケースもあります。謝ってしまうとすんなり仲直り出来ることもありますので、1度振り返ってみましょう。

相手からの嫌がらせや、不快に感じたことが常軌を逸していると感じたら、他の人に相談してみましょう。自分だけで抱え込んでしまうと、余計辛くなってしまうこともあるので、他人の力を借りるのもおすすめです。

単に、自分の嫉妬や相手への憧れがきっかけで、相手の事を「苦手」や「嫌い」と感じてしまっていることもあります。そういう時は素直に受け入れて、モチベーションに変えると自分磨きに繋がります。

⑥話題に気をつける。

世間話や他愛のない話をする際でも、気を付けたいのが話す内容です。話の内容でつい感情的になってしまうのもNGですし、相手と笑いのツボが違っていて、冗談が笑えない雰囲気になってしまうことも避けたいですね。

相手に勝とうとしたり、言い負かそうとするのではなく、出来るだけ相手の長所などを見つける努力をしたり、共通で盛り上がれる話題で、身構えた態度が出ないようにしましょう。

もう悩まない!

1度悩んでしまうと、とことんストレスに感じやすいのが人間関係です。少しでも自分の気持ちが楽に、リラックス出来るように心がけて、ストレスフリーな人間関係を目指しましょう。

記事に関するお問い合わせ