無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家にある○○を使うだけ!一気にラクになるカーテンの洗濯法

ライフスタイル

人生を変えるお片付けアドバイザーでサンキュ!STYLEライターの上野景子です。

そろそろ年末大掃除を意識する時期になりましたね。

今回はカーテンの洗濯が一気にラクになる洗い方をご紹介します。数年前にこの方法に変えてから、洗濯頻度がアップしました。

カーテンを取り外す

まずは、カーテンをレールから取り外します。次がポイントです!フックは外さずそのままにしておいてください。

「フックの取外し」「フックの取つけ」という手間がカーテンの洗濯のいちばん面倒なところだと思います。この面倒な工程をすべて省くことができるんです。

輪ゴムで留める

カーテンの枚数分の「輪ゴム」を用意します。

そして、こんな風にフックの下の部分をまとめて留めます。このときにカーテンのヒダがくずれないようにするとシワになりにくいです。

年に数回のチャンスなので、フックのまわりもしっかり洗えるように開いておきます。

ネットに入れてドライコース

生地が傷つかないように洗濯ネットに入れます。ネットの中でギュウギュウ詰めにならないよう、なるべく大きなネットがオススメです。

洗濯機のドライコースで通常運転させます。洗濯機によっては手洗いコースの場合も!

ドライコースは優しく洗うコースなので、水流や回転が通常運転とは異なります。カーテンを畳んだまま洗濯してしまうと、畳んだ内側だけ洗えてない⁉ということもあります。(ところどころ濡れてなかったり…)この洗濯法だとその心配もありません。

カーテンレールを掃除

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ