無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたが嫌われる理由はこれかも?男性がイラっとする5つの言葉

普段何気なく使っている会話の中には、知らず知らずのうちに男性を不快にさせてしまう言葉があります。要注意ワードを使っていないか、チェックしてみませんか?

2017年11月
恋愛・結婚

あなたと一緒にいてもそれほどおもしろくない、と伝えてしまっているに等しいのです。しかも、自分の生活や幸福に対する概念を自分で変えようする努力の姿勢が全然見られませんよね。

ここは思い切って考え方を変えてみると吉。とびきりな刺激が無い生活は、実は穏やかな幸せの真っただ中にいるということとも捉えることができますよね。

girlydrop.com

④「つまり〇〇ということ?」などのまとめ言葉

相手の男性がダラダラと長い話を語った後に、「つまり〇〇ということだね」と一言でまとめてしまうことはありませんか?確かに彼がつまらない話をしてしまったのかもしれませんが、そのワードはちょっとマズイです。

女性のスマートさが際立ってしまい、彼は自分のふがいなさに落ち込んでしまうことでしょう。そんなときは、男性が2~3言を話すごとに「××だったんだね」と同じ言葉を繰り返す「オウム返し」が効果的です。

オウム返しは、相手に「あなたの話を聞いていますよ」と意思表示をすることができますし、話が分かりづらい人のおしゃべりを整理できるので、聞いている女性にとっても役立つことなんです♡

freestocks.org

⑤「ヤバイ」「キモイ」などの若者言葉

特に年上の男性と話すときに気を付けたいのがこの若者ワード。同年代の相手と話すとき以上に、嫌われる率の高い言葉遣いです。幼すぎる印象があり、耳にするだけでイラっとする人も多いんだとか。

ヤバイは「素敵ですね」や「辛かったですね」、キモイは「好ましくないね」などと、大人が使うべき言葉遣いに直してみましょう。グッと大人っぽいイメージを与えることができますよ♡

Photo by Alex Holyoake / Unsplash

要注意ワードを回避してマナー美人になろう

つい口にしていまいがちな何気ない言葉も、知らない間に相手の男性に悪影響を与えてしまっていることがあります。普段から言葉遣いに気を付けていれば、誰からも好かれる女性になれるチャンスがあるかもしれませんよ♡

記事に関するお問い合わせ