無料の会員登録をすると
お気に入りができます

皆に好かれようとするのやめない?考え方を変えてストレスフリーになる方法

「リア充」という言葉が普及している今、つい自分と人とを比べて落ち込んでしまう女性が増えています。ただそれは思い込みであることも多いのです。人と比べない、ストレスフリーな生き方をしてみませんか?

2017年11月
ライフスタイル

「他人から見た自分」にとらわれていませんか?

頑張り屋さんほどとらわれがちに

人は誰でも幸せに生きたいと願っています。でも、物が豊かになり情報が溢れるにつれて本来の幸せを見失いがちになる人も増えているようです。

Photo by Ali Marel / Unsplash

頑張り屋さんほど「人に認めてもらいたい」「人より上に立ちたい」と思う気持ちを持つ傾向がありますが、その思いにとらわれすぎて人の視線を過剰に気にしてしまうと逆にストレスになってしまいます。

pixabay.com

一度きりの人生だからこそ、自分らしく生きられたら最高ですよね!いつも人の目が気になりがちな方は、生きるのが今までより楽になる考え方へシフトしてみませんか?

1:「自分軸」をしっかり持つ

人の目が気になってしまう方に多いのが、人のやり方や考え方に流されがちということ。生まれ持っての性格もあれば、考え方の癖の場合もあります。

Photo by Matthew Kane / Unsplash

人はそれぞれ十人十色ですから、会う人ごとに影響されていると自分を見失い疲れてしまいます。「これだけは譲れない」という自分らしい考え方、自分軸を普段からしっかり持っておきましょう。

2:知っておくと楽になる「パレートの法則」

「パレートの法則(2:8の法則)」をご存知ですか?どんな事柄や現象にもばらつきがあり、全てが同じとは限らないというもともとは経済学者が発見したマーケティングの法則です。

pixabay.com

これは人間関係にもあてはまります。どんなに優秀な人でも、全ての人に好まれるわけではありません。相性もあるので、嫌いな人もいれば好きな人もいます。それを知っているだけでも気持ちは楽になります。

3:“なりたい自分”に目を向ける

比べるなといわれても、つい他人と比較してしまうのは自然な現象。でも「自分はだめだ」と思ってしまう人と「どうしたら彼女みたいになれるのか」と考える人では、その後の人生が変わってきます。

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

大切なのは、自分をおとしめることではなく向上させること。自分に足りないものや今できることに目を向けることができれば、人間的にどんどん成長していきます。

4:自分だけの幸せを大切にする

人からどう見られているかを意識しすぎてしまうと、本来の自分のやりたい事や生き方を見失ってしまうことってありませんか?

Photo by Jonas Vincent / Unsplash

だからこそ、大事にしているペットと触れ合ったり趣味の音楽を聴いたり、自分だけのプチ幸せを普段から大切にしておきましょう。大好きなものに囲まれた生活は、自分らしく生きるための最大のエッセンスです♡

5:自分を優先してもいい

人から好かれたいばかりに、人からのお願いや誘いを断れずに不本意であっても受けていると、結局は自分を追い込む結果になることも。

unsplash.com

自分の気持ちや都合を優先することは、決して悪いことではありません。大切なことを犠牲にしてまで受ける必要があるのか、本当は自分はどうしたいのかよく考えてからでも遅くはありませんよ。

6:SNSに依存しすぎない

最近はfacebookやInstagramなどで、人のプライベートの一部分が垣間見れる社会になっています。人の幸せそうな様子をみて、焦ったりつい嫉妬してしまったりする気持ちを持つこともありますよね。

Photo by freestocks.org / Unsplash

SNSは大切なコミュニケーションツールの1つですが、依存してしまうと他人が気になって仕方がなくなってしまう危険性もあります。見なければ楽になることもあるので、節度ある使い方を心がけたいですね。

7:大切な人を見極める

全ての人に好かれることはほぼ不可能ですが、大切な人とは良い関係を築いていきたいと思うのは、人として当然の心理ですよね。

Photo by Greg Raines / Unsplash

思い付きで行動したり、外見だけで判断したりする人もたまにいますが、本当に物事をわきまえている人は、たやすく他人を傷つける言動を取らないものです。全ての人の言葉をうのみにしないようにしましょう。

8:たまには本音をぶつけてもOK!

協調性があるのはいいことでもありますが、いつも人の顔色を伺うばかりでは疲れてしまいます。たまには思い切って自分の本音を吐いてしまってもいいんです。

本音で話してはじめて見えてくる真実もあります。自分の意見を持ち、発言できる人はきちんと自分を持っている人がほとんどです。自信をもって他人と接してくださいね。

9:良きライバルはいてもいい

他人を意識して比較してばかりいるのはよくありませんが、良きライバルとしての存在は◎!自分を高めてくれる存在は大切にしましょう。

ただし、自分のペースを大切にすることを忘れずに。人はそれぞれ住んでいる環境も育ち方も違います。無理をして心まで病んでしまっては元も子もありません。ライバルはあくまでも、理想に近づくための存在なんです。

10:誰もがオンリーワン

1人として同じ人間はいません。それぞれがオリジナルで唯一無二だから、それだけでとても素晴らしいんです。

www.pexels.com

自分が他人を気にするように他人も自分を気にしています。それは、一人ひとり違うから。どう思われるかよりも「いかに自分らしく生きるか」に時間を使ったほうが、これからの人生はきっと楽しくなるはず♡

考え方を変えるだけで世界は変わる!

人からどう思われたって、自分が幸せであればそれが一番!他人の気持ちは操作できないし、考えるだけで時間は過ぎていくばかりです。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

自分自身を好きになれば、自然と人の目は気にならなくなります。自分らしく過ごせるライフスタイルを大切にしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ