無料の会員登録をすると
お気に入りができます

皆に好かれようとするのやめない?考え方を変えてストレスフリーになる方法

「リア充」という言葉が普及している今、つい自分と人とを比べて落ち込んでしまう女性が増えています。ただそれは思い込みであることも多いのです。人と比べない、ストレスフリーな生き方をしてみませんか?

2017年11月
ライフスタイル

「他人から見た自分」にとらわれていませんか?

頑張り屋さんほどとらわれがちに

人は誰でも幸せに生きたいと願っています。でも、物が豊かになり情報が溢れるにつれて本来の幸せを見失いがちになる人も増えているようです。

Photo by Ali Marel / Unsplash

頑張り屋さんほど「人に認めてもらいたい」「人より上に立ちたい」と思う気持ちを持つ傾向がありますが、その思いにとらわれすぎて人の視線を過剰に気にしてしまうと逆にストレスになってしまいます。

pixabay.com

一度きりの人生だからこそ、自分らしく生きられたら最高ですよね!いつも人の目が気になりがちな方は、生きるのが今までより楽になる考え方へシフトしてみませんか?

1:「自分軸」をしっかり持つ

人の目が気になってしまう方に多いのが、人のやり方や考え方に流されがちということ。生まれ持っての性格もあれば、考え方の癖の場合もあります。

Photo by Matthew Kane / Unsplash

人はそれぞれ十人十色ですから、会う人ごとに影響されていると自分を見失い疲れてしまいます。「これだけは譲れない」という自分らしい考え方、自分軸を普段からしっかり持っておきましょう。

2:知っておくと楽になる「パレートの法則」

「パレートの法則(2:8の法則)」をご存知ですか?どんな事柄や現象にもばらつきがあり、全てが同じとは限らないというもともとは経済学者が発見したマーケティングの法則です。

pixabay.com

これは人間関係にもあてはまります。どんなに優秀な人でも、全ての人に好まれるわけではありません。相性もあるので、嫌いな人もいれば好きな人もいます。それを知っているだけでも気持ちは楽になります。

3:“なりたい自分”に目を向ける

比べるなといわれても、つい他人と比較してしまうのは自然な現象。でも「自分はだめだ」と思ってしまう人と「どうしたら彼女みたいになれるのか」と考える人では、その後の人生が変わってきます。

Photo by Brooke Cagle / Unsplash

大切なのは、自分をおとしめることではなく向上させること。自分に足りないものや今できることに目を向けることができれば、人間的にどんどん成長していきます。

記事に関するお問い合わせ