無料の会員登録をすると
お気に入りができます

適当に返していたら要注意!彼を虜にするLINEの返信術12選♡

彼氏とのLINE、適当に返していませんか?その適当さは彼に伝わってしまいます。LINEの返信が彼との関係を左右してしまうこともあるんです。

2017年11月
恋愛・結婚

LINEを適当に返信していない?

彼とのLINEが関係を左右する!?

彼と付き合ってもうだいぶ経ったし、LINEは適当でいいかな~なんてNGです。男性には本能的に狩猟本能があるそう。今の関係にあぐらをかいていたら、彼はどこかに行ってしまうかもしれません。

LINEも恋人にとっては大事なコミュニケーションツールです。そこで、彼をドキッとさせてあなたの虜にしてしまうようなLINEの返信術をご紹介します。

1.基本は短文で読みやすく

長文にするなら直接言う

LINEは長文だとものすごーく長く見えて、読むのがしんどくなってしまいます。なるべく短文で、連投しすぎないと読みやすいでしょう。

長文になるような内容なら、電話したり直接会って伝えた方が良いです。長文がLINEに残ってしまうと、内容によっては彼が見るたびに落ち込んでしまうこともあります。“長さ”を意識しましょう。

2.返信いらずのあいさつLINE

毎日の日課にキュン

「おはよう」とか「おやすみ」などのあいさつをLINEでするのも◎。礼儀正しさとか健気さを感じて、彼としては好感度UPなようです。ただし、彼も忙しいときがあるので返信を求めないこと。

また、一言添えるのも良いです。「おはよう!今日も一日頑張ろうね」「ゆっくり休んでね。おやすみ」なんていうように。一日の始まりに「今日も頑張ろう!」、一日の終わりに「癒やされる」と思ってもらえますよ。

3.前向きな言葉で返信率もUP!

居心地の良い彼女になれる

彼への返信はなるべくポジティブに返しましょう。「すごい」と褒めたり、「気になる」と話題に飛びついたり、デートは「今度〇〇しようね」と自分から積極的に提案したり。

彼としては、彼女とLINEをしていると楽しい気持ちになってくると気づきます。そんな居心地の良い彼女とは、LINE以外でも離れたくないと感じてくれるはずです。

4.小さなことでも感謝は伝える

「ありがとう」でいっぱいに

どんな小さなことでも感謝をして伝えることが大切です。LINEを上手に活用して、彼にもたくさんの「ありがとう」を伝えましょう。

Photo by Hanny Naibaho

デートの後に「今日はすっごく楽しかった!連れて行ってくれてありがとう」、電話の後に「声聞けてうれしかったよ。ありがとうね」なんていうように。感謝されるのは、誰もがうれしく優しい気持ちになれます。

5.会うから知れる情報を添えて

「会いたい」気持ちも加速

彼に会いたいときは、「会いたい」と言うだけではなく、会いたくなるようなLINEを送ってみませんか?「髪切ったんだ~」「ダイエットして痩せたの」「かわいい下着買ったよ」などなど。

会うからこそ知れる情報を伝えると「会って確かめたい」と思うでしょうし、彼の想像を掻き立てます。その悶々とした時間も含めて、彼はあなたのことをついつい考えてしまうでしょう。

6.忙しい彼には求めすぎない

今は彼自身を優先

彼が忙しくて会えないときに、「いつになったら会えるの?」「寂しい」「返信もできないの?」なんて送っていませんか?忙しくて大変なのは彼の方ですから、彼自身のことを優先しましょう。

まずは「返信はいらないよ」「返事は無理しないでね」と気遣って。次に「今は仕事頑張ってね」「体を壊さないようにね」と彼を労います。

そのあとにやっとあなたの気持ちを伝える番です。「落ち着いたらまたデートしよう」「会えるのを楽しみに、私も頑張るよ」など。忙しいからこそ、彼女が大切な存在だと思ってもらえるようなLINEです。

7.「お疲れ様」にほっとする

誰もが認めてもらいたいから

仕事終わりや帰宅後の彼に、「いつもお疲れ様」と労いのメッセージを送るのも喜ばれます。彼としてたった一言だけでも癒やされますし、「頑張ったぞ!」という達成感が生まれるのです。

大人になると頑張ることは当たり前で、誰かに褒めてもらう・認めてもらう機会が減ります。だからこそ、「お疲れ様」と自分の頑張りを認めてもらうことは貴重で、そう言ってくれる彼女に癒やされてしまうのです。

8.たまに愛情をつぶやいて

素直に伝えるのが大切

LINEで気持ちを伝えるのも◎。愛情は毎日伝えると特別感がなくなってしまうので、頻度は“たまに”。回りくどい言い方だと、彼は「何が言いたいの?」となってしまうので、ストレートに伝えましょう。

「会いたいな」「好きだよ」なんていうように。素直に愛情を伝えてくれると、やはり彼もうれしいようです。彼に余裕があるときなら「声が聞きたいな」と電話を求めるのもドキッとするみたいですよ。

9.弱っている彼を労う

「無理しないでね」

彼が仕事で失敗したり、心身をすり減らしてしまっているとき。彼に寄り添うメッセージを送りましょう。例えば…

「大丈夫?」
「無理しないでね」
「ゆっくり休んでね」
「話、聞こうか?」
「〇〇君、いつも頑張ってるよね」

こういうときに「頑張って!」は逆効果。「まだ頑張らないといけないのか…」と彼を追い詰めてしまうこともあります。彼に寄り添う言葉で、愛情や温もりを感じてもらえるはずです。

10.ときどき動画や写真も◎

「俺だけの」の特別感を味あわせて

時々あなたの自撮りの動画や写真を送るのも、彼に喜ばれます。ただしやりすぎると特別感がないので、これも“たまに”の頻度がポイント。なかなか顔を見られない遠距離カップルにもおすすめです。

11.ネットで見つけた系

話題に困らず彼女を知れる

ネットで気になったニュースとか話題の画像を送って、二人で共有するのもありです。話題に困りませんし、「こんなことに興味があるんだな」と自分自身を知ってもらえます。会話も盛り上がるでしょう。

12.おやすみメッセージは短めに

眠りを妨げられるとイライラ

一日の終わりに彼女から「おやすみ」のLINEから来るとうれしいという彼もいるようです。ただし、あまり引き留めすぎないこと。

「寝ると寂しい」などちょっとしたわがままならかわいいと思うこともあるようですが、本当に疲れているときに眠りを妨げられるとイラッとしてしまうだけ。「おやすみ」は短文にしておきましょう。

LINEでもコミュニケーションを♡

LINEは現代社会だからこそのコミュニケーションツールですよね。上手に活用して、彼の気持ちを掴むメッセージで、二人の仲をもっと深めませんか?

記事に関するお問い合わせ