無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「育ちが良い女性だなぁ」。男性とのお食事デートで惚れさせる仕草8選

マナーや振る舞いが美しい、“育ちが良さそうな女性”になるにはどうしたら良いのでしょう?今回はお食事デートのシーンを例に、具体的なポイントをご紹介していきます。気になる彼がいる方はぜひ参考にしてみて♡

2017年11月
恋愛・結婚

やっぱり、育ちが良さそうな女性が好き!

いつの時代も男性が愛してやまないのは、“育ちが良さそうな女性”。

お金持ちかどうかは関係ありません。育ちが良い女性というのは、幼い頃からしっかりと教育され、マナーや常識が身についている女性のことです。

上品さが感じられ、どこに連れていっても恥ずかしくない存在。親や知人にも堂々と紹介できるので、結婚を意識しやすいという意見もあります♡

育ちが良さそう!って思われたい

そこで今回は、「育ちが良さそうな女性だなぁ」そう男性に言わしめる、お食事デートのポイントをご紹介していきます。

次のデートに役立ててみてください♡

1.店員さんに優しく挨拶

出迎えてくれた店員さんへの態度は、女性の本質が表れやすいポイント。口角を少し上げて会釈する程度でも良いですし、高級レストランなら「こんばんは」と一言挨拶を交わしてみましょう。

その後の店員さんへの対応も、「丁寧に」が基本です。横柄な態度は、お付き合いしたくないと思われる要因になってしまいますよ!

2.男性のエスコートを待つ

勝手にずんずんと店内に入っていませんか?こなれた女性は男性のエスコートを待つ習慣が身についています。相手の出方を見てから、2~3歩下がってゆっくり行動するようにしましょう。

席に座る際も、「奧が女性でしょ」なんて決めつけてはいけません。相手の男性と軽く話し合って席を決めるのが良いですね。思いやりの気持ちを持っていれば、自然にできることです♡

3.目を合わせてオーダー

店員さんを呼ぶときに、大きく手をあげて「すいませ~ん」はNGです。普段、大衆居酒屋ばかりで飲んでいるのがバレてしまいますよ。

記事に関するお問い合わせ