無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱“着太り”!もっさりしない秋冬のアウター別着こなし攻略♡

ファッション

秋冬に避けたいのは“着太り感”

アウターにはそれぞれ「あか抜けポイント」がある!

寒さから身を守ってくれる秋冬のアウターは、実用的なだけでなくコーデをまとめてくれる大切なアイテムです。ただ、面積が広く重量感もあるので、もっさり見えてしまう危険性も。

wear.jp

そこで、代表的なアウターを例にそれぞれの着こなし術を、実践しやすいワンポイントでご紹介します!今までアウターの着こなし方に悩んでいた方は、ぜひお試しくださいね。

1:チェスターコート

スキニーを合わせて下半身すっきり!

wear.jp

チェスターコートの多くは、ゆったりとしたサイズ感で作られています。ボトムにボリュームがあるとバランスが取りにくいので、スキニーなどタイトなボトムを合わせるのがベスト。

コートの面積が広い分、裾から見せる脚部分の面積を最小限にするだけでぐっとあか抜けます。さらにインにダーク系のアイテムを合わせると、全体が引き締まり細見え効果も期待できますよ。

zozo.jp

グレーやベージュのチェスターコートは着ぶくれするからと避けていた方も、インに着るもの次第で印象は変わるのでチャレンジしてみてくださいね。

2:キルティングコート

インナーはかさばらせずシンプルに!

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

マニッシュで保温性もあるキルティングコートは、去年に引き続き今年も人気のアイテムです。今年らしさを出すなら、ニット&オールインワンに羽織るシンプルコーデがおすすめです。

wear.jp

コート自体が厚めなので、厚着をするのはあまりおすすめできません。コートにしっかり保温性があるので、できるだけシンプルにまとめるとすっきり着こなせます。

zozo.jp
記事に関するお問い合わせ