無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年内にスッキリしたい♡11月中にしておくべき片付け計画

今年も残す所あと2ヶ月。部屋の掃除は寒くなる前に行うと心も体にも余裕が出ます。早め早めに断捨離をし、きれいな部屋を作りましょう♡11月のうち4日間×3時間を掃除に使う片付けメソッドをご紹介します。

インテリア

4日×3時間で大枠を決めてみよう

気がつけばあっという間に11月も半ば。もう少しで今年も終わりですね。12月になると何かと忙しくなり、またぐっと気温も下がって、体を動かすのが辛くなってきます。だからこそ11月の今、大掃除を実行しましょう。

大掃除は事前に計画を立て、週ごとに考えながら行なっていくのがコツ。11月のうち4日間×3時間を掃除に使ってみます。一気にやろうとすると計画が頓挫しがちですから、焦らず少しずつやっていきましょう。

1.粗大ごみのピックアップと連絡

粗大ごみ受付センターは12月大混雑!

12月に入ると粗大ゴミ受付センターは大混雑。12月上旬に申込んだのに引き取りは3週間後ということもありますので、大型ゴミだけは一番はじめに手配しましょう。

ベッドフレームや布団などの粗大ごみは11月中に断捨離。申込みは電話やネットで数分です。ゴミの分類や出し方、収集場所がわからない場合は自治体に聞いてみましょう。

粗大ごみは汚れたまま出しても良いの?

粗大ごみを出す際気になるのは汚れのこと。もし余裕があるならば、ある程度掃除してから収集場所へ持っていきましょう。自治体にもよりますが、状態がきれいなものはリサイクルされる可能性があるからです。

東京都練馬区では粗大ゴミをリサイクルする場合、出した方の了解を得た後に加工や掃除を実施。リサイクルセンターで廉価販売しています。ゴミは減り、誰かのために役立つエコシステムですね。

練馬区の取り組み

2.こんまり流で断捨離

ありがとうの気持ちで断捨離しよう

人はものを処分する際ストレスを伴います。捨ててスッキリという気分だけでなく、捨てることへの罪悪感があるからですね。だからこそ、こんまりさんの断捨離術を導入してみましょう。

「好きなものは手元に残す」「今の自分には必要がなくなった」「今までありがとう」の気持ちを持ち、断捨離に臨みましょう。1日で一気にやるとどっと疲れがでますから、アイテム別に日を分けて選別します。

記事に関するお問い合わせ