無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年内にスッキリしたい♡11月中にしておくべき片付け計画

今年も残す所あと2ヶ月。部屋の掃除は寒くなる前に行うと心も体にも余裕が出ます。早め早めに断捨離をし、きれいな部屋を作りましょう♡11月のうち4日間×3時間を掃除に使う片付けメソッドをご紹介します。

2017年11月
インテリア

4日×3時間で大枠を決めてみよう

気がつけばあっという間に11月も半ば。もう少しで今年も終わりですね。12月になると何かと忙しくなり、またぐっと気温も下がって、体を動かすのが辛くなってきます。だからこそ11月の今、大掃除を実行しましょう。

大掃除は事前に計画を立て、週ごとに考えながら行なっていくのがコツ。11月のうち4日間×3時間を掃除に使ってみます。一気にやろうとすると計画が頓挫しがちですから、焦らず少しずつやっていきましょう。

1.粗大ごみのピックアップと連絡

粗大ごみ受付センターは12月大混雑!

12月に入ると粗大ゴミ受付センターは大混雑。12月上旬に申込んだのに引き取りは3週間後ということもありますので、大型ゴミだけは一番はじめに手配しましょう。

ベッドフレームや布団などの粗大ごみは11月中に断捨離。申込みは電話やネットで数分です。ゴミの分類や出し方、収集場所がわからない場合は自治体に聞いてみましょう。

粗大ごみは汚れたまま出しても良いの?

粗大ごみを出す際気になるのは汚れのこと。もし余裕があるならば、ある程度掃除してから収集場所へ持っていきましょう。自治体にもよりますが、状態がきれいなものはリサイクルされる可能性があるからです。

東京都練馬区では粗大ゴミをリサイクルする場合、出した方の了解を得た後に加工や掃除を実施。リサイクルセンターで廉価販売しています。ゴミは減り、誰かのために役立つエコシステムですね。

練馬区の取り組み

2.こんまり流で断捨離

ありがとうの気持ちで断捨離しよう

人はものを処分する際ストレスを伴います。捨ててスッキリという気分だけでなく、捨てることへの罪悪感があるからですね。だからこそ、こんまりさんの断捨離術を導入してみましょう。

「好きなものは手元に残す」「今の自分には必要がなくなった」「今までありがとう」の気持ちを持ち、断捨離に臨みましょう。1日で一気にやるとどっと疲れがでますから、アイテム別に日を分けて選別します。

洋服→雑貨→想い出の順で

こんまりさんの断捨離は、洋服→雑貨→思い出の品の順で行なっています。4日ある掃除時間を1日ずつ使い、短時間で集中的に選別します。「いる」「いらない」にわけ、いるものは棚に戻していくだけ。簡単ですね。

不用品はすぐにゴミにはせず、売るものと処分するもの、迷っているものに選別します。特に重要なのは迷い品。猶予をもたせ、1ヶ月後に処分するか否かを決めます。ダンボールなどに入れておきましょう。

近藤麻理恵さん公式サイト

3.売る・譲る・処分でものを減らす

1度履いただけの靴ならフリマやオークションへ

女性の買い物の中で失敗しやすい靴。一度履いただけでお蔵入りすることもしばしばですが、処分するのは気が引けます。こんな時はメルカリやヤフオクといったサイトへ出品してみましょう。高値で取引されているものも多いんです。

「一度履いただけの靴」は、出品理由と履いた時間、傷やスレなどは嘘偽りなく書きます。大手中古買い取り店では100円にもならないものが4桁の値で売れる可能性もあるんです。

メルカリ

ジモティーで「売る・譲る」

不用品を売る・譲る場合、ジモティーというサイトを利用するのも便利です。都道府県別の出品になっており、基本は直接対面の商品受け渡し。送料不要・振込不要・直接現物をみられるなどのメリットがあります。

ジモティーには、犬猫などの里親募集欄もあります。諸事情で飼育できなくなった方の助けになるのも良いですね。直接対面だからこそできる素敵なシステムです。

ジモティー

4.物が減った状態で部屋を仕切り直し

好きなテイストを研究しておく

最後の掃除日までにしておきたいのは、希望の部屋のテイストをイメージすること。「○○したい」「○○を置いてみたい」などを紙に書き出しておきましょう。

イメージや要望が決まっていれば、ものの定位置も納得の場所に行き着きます。GWと秋口のプチ断捨離を続けていくと、理想の部屋へ近づいていきますよ。定期的なものの見直しが大切です。

細かな掃除は普段行えば良い

3日間×3時間で部屋は大分すっきり。ものの定位置を決め、戻すと出すを繰り返すだけと考えると、最後の仕上げは楽しみな作業です。4日目は部屋に飾る絵や小物類などを決めましょう。

細かな掃除は今回はなし。というのは、3時間の枠でちまちま掃除をしていたら一向に片付けが終わりません。ものの定位置とインテリア、断捨離を行なったのであって掃除ではないのです。

外枠を決める「断捨離」をしてみよう

1日で一気にやると最後の方は雑な仕上がりになってしまうこともある断捨離。月に4日×3時間と決め、年に2回の見直し作業なら、体にも心にも負担がかかりづらくなります。掃除嫌いな人にぴったりの方法です。

掃除嫌いな人は「減らしてみる」のがコツ。掃除が好きだけれど片付かない人もまず「減らしてみる」のがいいですね。ものが有り余る時代だからこそ取捨選択が大切ですね。月4日×3時間×年2回で美部屋を手に入れましょう。

記事に関するお問い合わせ