無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼をドキッとさせたい♡愛される香水の付け方講座

香水は香り選びも大切ですが、身に着け方も重要です。彼をドキッとさせるような香水のまとい方をご紹介します♡

2017年12月
美容

一番いい香りがやってくる時間に

デートの直前は気合を入れていい香りのボディークリームや香水をつけなおしたくなるもの。しかし香水はつけたてが一番強く香るため、香りの印象が際立ちすぎてしまうかも。

「いい匂い♡」と彼に思わせるためには、時間のコントールも鍵です。香水を吹きかけたときの一番強い香りはトップノートと呼ばれ、その次に現れるミドルの香りが立ち上がり始める頃がグッドタイミングと言えます。

デートの前には一番いい香りが立ち上がり始める時間をよく観察し、その時間を計算して、事前に香水を付けなおしておくのがおススメです。

体のどこにつける?

体温の高い場所は香りが経ちやすい場所と言えます。さらに太い血管の上を目指してつけることで、脈打つ血管の振動で香りが大きく広がると言われています。

うなじ・手首などは定番の場所ですが、胸元も体温が高いために香りが大きく広がるのでデートの前や、ちょっとセクシーにアピールしたいシチュエーションなどでもおススメです。

さらにうなじや手首に比べると体温が低い足首や太ももですが、その分控えめに長く香りが持続するので、敢えてその部分に香水を付けて、ほんのりと香らせるのもいいでしょう。

香りを混ぜないテクニック

いい香りのボディークリームと香水を併用している人も多いと思いますが、様々な香りを混ぜるのは実はあまりおススメではありません。

異なる香りを混ぜるのは、香り同士がケンカして効果が半減してしまうことに繋がります。しかし時間差を上手に使えば、併用することも可能です。

香水の香りが弱まるラストノートの頃に、ボディクリームの優しい香りをプラスすれば、そっと彼の嗅覚を刺激してくれるはずです。

記事に関するお問い合わせ