無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イタいアラサーとイケてるアラサーの境界線とは?今すぐ見直すべきチェックリスト

アラサーともなると、大人としての常識や社会性を厳しくチェックされるようになります。いつまでも若い女の子気分で振る舞っていると、イタい人認定されてしまうかも…。そんなことにならないために、大人女性が持ち合わせるべき品格と、今すぐやめたいチェックリストをご紹介します。

2017年11月
ライフスタイル

焦りだしそうになったときこそ、深呼吸して気持ちを落ち着けるようにしてみましょう。

3.何事も丁寧に

丁寧な所作は優雅さを生む

何気ない動作や言葉使いなど、何事も丁寧に行うのが大人の女性です。「丁寧に行う」とは、細やかな気遣いをするということです。どんな場面でも落ち着いた丁寧な所作は、大人の余裕を感じさせることができます。

丁寧な振る舞いこそ、大人の女性の嗜み。まずはペンやカップを置くなど、普段何気なく行っている動作でも丁寧に行ってみることから始めましょう。

4.臨機応変を心がける

大人こそ柔軟性が大切

仕事でも人付き合いでも、大人の女性には柔軟に対応することが求められます。苦手だから、できないから、セオリーになかったからというのは社会の中では通用しません。

大人の社会では、臨機応変で柔軟な対応が常に求められています。それができないと、いつまでたっても社会的な価値を上げることができないかも…。

5.自分の意志をはっきりと持つ

自分の意思を持って仕事をする

周囲に合わせるだけが大人のデキるいい女ではありません。ここぞというときにはしっかりと自分の意見が言えることも大切な条件です。そのためには普段から自分の意思や意見を持つように心がけることも大切です。

まずは「そう指示されたから…」と受け身の姿勢を取らないこと。まずは自分の頭で考えて、主体的に動くようにすること。そうすることが、自分の意見や意思を持つことに繋がるはずです。

記事に関するお問い合わせ