無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イタいアラサーとイケてるアラサーの境界線とは?今すぐ見直すべきチェックリスト

アラサーともなると、大人としての常識や社会性を厳しくチェックされるようになります。いつまでも若い女の子気分で振る舞っていると、イタい人認定されてしまうかも…。そんなことにならないために、大人女性が持ち合わせるべき品格と、今すぐやめたいチェックリストをご紹介します。

2017年11月
ライフスタイル

あなたはイタい大人女子orデキる大人女子?

Pin it
ピンもと: taaora.fr
3

年齢を重ねると、外見だけではなく大人としての常識や社会性を厳しくチェックされるようになります。いつまでも若い女の子気分で振る舞っていると、知らず知らずのうちに周囲からイタい人認定されてしまうかも…。

年齢を重ねるとともに、大人の女性が持つべき品格や社会性を持ち合わせていたいですよね。そこで、今すぐやめるべき悪習慣をセルフチェックしてみましょう♡

1.美しい日本語を話す

美しい日本語は説得力を持つ

年齢を重ねるに伴い、流行の若者言葉や汚い日本語を使うことから卒業したいものです。普段何気なく発している言葉でも正しく美しい日本語を使うことを心がけることで、周囲に与える印象が大きく変わります。

普段何気なく発しているからこそ、そこに教養や品格が見えるものです。いつまでも楽な若者言葉で話していると、知らないうちに社会人としての信用を失ってしまうかもしれません。

心当たりのある人は、まずは汚い言葉を使ったり、言葉を省略して話したりするのをやめることから始めましょう。また尊敬語や謙譲語、丁寧語について改めて復習してみるのがオススメです。

2.慌てない・騒がない

余裕をもつことが大切

予期せぬトラブルに見舞われたとき、ただバタバタと焦って騒ぎ立てるだけでは、経験の少ない若い女性と変わりません。どんなときでも心に少しの余裕を持てるのが、経験を重ねた大人の女性ではないでしょうか。

思いがけないことが起こったときに、焦ってばかりで周りを見渡せなくなっている状態では、解決策を見出すことはできません。

落ち着いて考える気持ちの余裕があれば、これまでの経験を踏まえて、トラブルに対応する解決策を見つけることができるかもしれませんし、もっと素晴らしいアイディアが浮かぶかもしれません。

焦りだしそうになったときこそ、深呼吸して気持ちを落ち着けるようにしてみましょう。

3.何事も丁寧に

丁寧な所作は優雅さを生む

何気ない動作や言葉使いなど、何事も丁寧に行うのが大人の女性です。「丁寧に行う」とは、細やかな気遣いをするということです。どんな場面でも落ち着いた丁寧な所作は、大人の余裕を感じさせることができます。

丁寧な振る舞いこそ、大人の女性の嗜み。まずはペンやカップを置くなど、普段何気なく行っている動作でも丁寧に行ってみることから始めましょう。

4.臨機応変を心がける

大人こそ柔軟性が大切

仕事でも人付き合いでも、大人の女性には柔軟に対応することが求められます。苦手だから、できないから、セオリーになかったからというのは社会の中では通用しません。

大人の社会では、臨機応変で柔軟な対応が常に求められています。それができないと、いつまでたっても社会的な価値を上げることができないかも…。

5.自分の意志をはっきりと持つ

自分の意思を持って仕事をする

周囲に合わせるだけが大人のデキるいい女ではありません。ここぞというときにはしっかりと自分の意見が言えることも大切な条件です。そのためには普段から自分の意思や意見を持つように心がけることも大切です。

Pin it
ピンもと: popsugar.fr
6

まずは「そう指示されたから…」と受け身の姿勢を取らないこと。まずは自分の頭で考えて、主体的に動くようにすること。そうすることが、自分の意見や意思を持つことに繋がるはずです。

6.誰にでも平等に

コロコロ態度を変える女は信用されない

Pin it
ピンもと: mappcraft.com
1
374

八方美人も処世術の一つではありますが、人によってコロコロ態度を変えたり、自分の部下などに横柄な態度を取ったりするのはとてもイタい大人女性です。

Pin it
ピンもと: centophobe.com
20

人によって態度を変えて接していると周囲に不信感を与え、社会的な信用度が下がってしまいます。誰にでも平等に接してこそ、デキる大人の女性なのです。

大人らしさを身につけて

新入社員の若さと張り合っていては、いつまでたってもデキるアラサーにはなれません。それよりも大人の女性が持つべき魅力を伸ばすよう努力して、デキる大人のいい女を目指してくださいね♡

記事に関するお問い合わせ