無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1日10分で全身痩せ♡賢く鍛える「三大筋トレ」教えます

筋トレで体を鍛えていても効果が感じられないということはありませんか?小さな筋肉を鍛えても、なかなか効果が見られないもの。引き締まった体にするには大きな筋肉を鍛えるのが近道です。1日10分で大きな筋肉を鍛える「三大筋トレ」を紹介します。

2017年11月
美容

効果の出る筋トレがしたい

www.pexels.com

コンプレックスに感じている体の部位はどのくらいあるでしょうか。食事制限だけでは引き締まった体を手に入れる事は難しいですよね。そこで効率よく鍛える事ができる「三大筋トレ」を紹介します。

「三大筋トレ」とは?

「三大筋トレ」とは、腕立て伏せ、腹筋、スクワットのことです。この3つの筋トレを組み合わせて鍛えると効果が早く出るのです。なぜこの3つの筋トレがいいのでしょうか。それぞれ紹介していきます。

1.腕立て伏せ

二の腕を鍛える「腕立て伏せ」ですが、実は背中や体幹、太ももなど大きな筋肉をいっぺんに鍛えられる総合ワークアウトです。また、もちろん二の腕や胸などの小さな筋肉を同時に鍛えられます。二の腕は引き締まるだけで2キロ痩せて見えるそうですよ。

2.腹筋

キュッとくびれたウエストは女性の強い憧れですね。このくびれを手に入れるには、基礎代謝力を上げる腹筋が効果的とされています。結果が出やすい筋トレの1つです。

3.スクワット

太もも付近の筋肉は、全身の中で1番消費カロリーが多い部位です。筋肉量が増えると基礎代謝がアップするので、自然と痩せやすい体になります。また、正しい姿勢で行う事で背中、腕、お腹、足の引き締めも可能です。

「三大筋トレ」のやり方

「三大筋トレ」のやり方を紹介します。アラームを5分にセットします。腕立て伏せを5回、腹筋を10回、スクワット15回をワンセットにして5分間繰り返します。2分間休憩して、また5分間繰り返します。

トレーニングのコツ

記事に関するお問い合わせ