無料の会員登録をすると
お気に入りができます

生理や更年期などの不調やイライラに、うま味たっぷりの「だし」が効く!?

美容

女性の不調はホルモンバランスの乱れが原因

女性に体の不調が起きやすいのは、生理や更年期の影響でホルモンバランスが乱れやすいことが関係しています。逆に生理や更年期がない男性は、ホルモンバランスが安定しているので、体の不調が出にくいのです。

『病は気から』という言葉が表すように、東洋医学の考え方では、精神的なストレスも体の不調や病気につながるとされています。今年のコロナ禍の影響を受けて、女性はいつも以上にストレスにさらされて、体に不調が起きやすくなっているはずです。

ストレスによって脳疲労を起こしていると、脳と密接にかかわっているホルモンバランスが乱れてしまいます。それによって自律神経の不調を起こしやすくなり、ますます体の不調が起き、気持ちも不安定になりやすくなります。

この負のスパイラルのような状態を抜け出し、女性が心も体も元気になれる食材として、おすすめなのが「だし」なのです。

自律神経を整える「だし」が女性をハッピーにする!

そもそも、生理前後のイライラや、更年期症状が起きるのは、すべて自律神経の乱れが原因です。そんな自律神経を整えるのにぴったりなのが、かつお節や昆布、煮干しなどから作られた「だし」なのです。

イライラを感じるときは、幸せホルモンといわれるセロトニンやオキシトシン、ドーパミンが不足した状態です。「だし」のうま味成分には、これらの幸せホルモンに似た働きをする成分も豊富に含まれています。

「じつは、お母さんのおなかの羊水や母乳には、うま味成分であるグルタミン酸がたっぷり含まれていて、私たちは赤ちゃんのときから、うま味成分をたくさん飲んで育っているのですよ」(工藤先生)

食べ物の味は『五味』といって、甘味、苦味、塩味、酸味、うま味の5つの種類がありますが、赤ちゃんにこの五味を与えると、うま味成分を与えたときだけ、にっこりと笑顔になるという研究があります。つまり、うま味は生まれたときから知っている、幸せの味ということ!

赤ちゃんのときから慣れ親しんだうま味成分たっぷりの「だし」を飲むと、脳が幸せを感じてハッピーな状態になります。それが自律神経を整え、ホルモンバランスを安定させてくれます。

しかも、イライラや不安な気持ちが消えるだけでなく、ストレスによる過食がおさえられるので、自然とダイエットにもつながり、いいことずくめです。

毎日のおみそ汁や鍋を作るときには、「だし」をたっぷりと使いましょう!

工藤先生考案!「だし」のレシピ

「だし」を使ったお料理もいいのですが、『1日に1杯、だしを飲む』というやり方も簡単でおすすめです。

「私が考案した「だしレシピ」には、緑茶が入っていることもポイント! 緑茶に含まれるテアニンといううま味成分は、脳をリラックスさせてくれるのでストレス解消になります。疲労回復や脂肪燃焼効果も高く、女性にぴったりの成分です」(工藤先生)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ