無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「重い女」は卒業♡ちょうどいい距離感で彼との仲を深める12の方法

彼への思いが強すぎて、ついつい「重い」行動になっていませんか?負担になると、彼は離れてしまうだけ。悲しい未来にならないために、「重い」行動を改善しましょう。

2017年11月
恋愛・結婚

彼のことが好きすぎる注意報!

行動が重くなっているかも?

彼のことが好きだというのは幸せなことです。しかし、彼だけに夢中になってしまうと、「重い」と思われてしまう行動に走ってしまう可能性もあります。

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

彼の重荷になってしまうと、二人の未来にあるのは別れだけかも。そうはならないために、「重い」と思われてしまう行動を知って、改善する方法を学びましょう。

1.激しい束縛をしない

彼を信じる気持ちを大切に

彼をついつい束縛してはいませんか?彼のスマホをチェックしたり、女性との連絡を許さなかったり、「今何してるの?」と行動を逐一報告させたり…。

あなたは安心できるかもしれませんが、彼は息苦しくなるだけです。彼に対して不安を抱くのは、彼を信じていないから。好きな人なら信じましょう。疑うよりも彼を思って信じることで、心もラクになりますよ。

2.頻繁に連絡がなくても不安がらない

お互いのちょうどいいペースを探る

彼に対しての連絡頻度、かなり多くはありませんか?また、彼が連絡を返してくれないことに不安を抱いてはいないでしょうか。まめではない男性なら、LINEやメールなどは連絡手段くらいにしか考えていません。

連絡が義務になってしまうと、あなたとのやりとりに負担を感じてしまいます。一度、お互いが思う連絡頻度を確認してみましょう。大きく違いがあるなら、お互いの要望を聞いて、ちょうどいいペースを探りましょう。

3.彼の言いなりにならない

自分の意思を持って

彼の言うことを何でも聞いてはいませんか?最初は対等だったはずの恋愛関係も、彼の言うことを聞いているうちに従属関係のようになってしまいます。

彼がわがままになったり、ぞんざいな態度を取るようになるのも、言うことを何でも聞いてしまうから。深層心理には、「彼に嫌われたくないから」言いなりになってしまうという思いが潜んでいるのでは?

www.pexels.com

本当に好きな人ならば、お互いに相手の気持ちを尊重します。あなたが意思を持って気持ちを伝えることを喜んでくれるはずです。お互いが意思を持ち、ときにぶつけ合い、和解し合えるのが本当に対等なカップルです。

4.尽くしすぎない

頼まれない限りやらない

尽くしたいというタイプではありませんか?相手のために何かできるというのは素晴らしいことです。しかし、度が過ぎると小さな親切が大きなお世話になっている可能性も…。

例えば、頼まれていないのに彼の部屋を訪れて、掃除したり手料理を作ったり…。気持ちはうれしくても、やりすぎかも。尽くしすぎの人は、彼に頼まれたことをやるくらいがちょうど良い“思いやり”になるはずです。

5."常に浮気の心配"をやめる

起きていない心配はしない

彼と連絡が取れない、デートに少し遅刻した、どんなことでも「浮気かも」と疑っていませんか?一つは彼が好きだから。本当にステキな人だから、他の女性に奪われてしまうかもという不安があるのでしょう。

浮気の前科があるならまだしも、何もないのであれば心配はしなくても大丈夫。むしろ彼を疑うのは失礼なことですよね。まだ起きていないことを心配するのは、心が疲れてしまってもったいないですよ。

自分に自信をつける

また不安に思ってしまうのは、自分に自信がないからでは?自分よりもステキな女性はたくさんいるから、彼が他の女性を好きになってしまうかも、なんて思ってしまうのではないでしょうか。

それならば心配よりも、自分に自信を付けるために行動しましょう。より愛される見た目や性格を目指したり、何かに一生懸命になってみたり。自分を高めていけば、自然と自信も付いてくるものです。

6.嫉妬心をむきだしにしない

かわいく伝えてキュン♡

彼が他の女性と話していたり、見ているだけでも嫉妬心が燃え上がってはいませんか?それを感情的に伝えてしまうと、男性としてはうんざりするだけ。しかし、彼女がヤキモチを焼くのは少しうれしい気持ちもあるのです。

そこで嫉妬したときは「〇〇君カッコイイから心配しちゃった」「私も好きなんだよ」など、かわいく伝えましょう。彼はキュンとするはず。嫉妬は彼との仲を深めるチャンスだと思い、伝え方に気をつけましょう。

嫉妬はチャンス♡大人女子がヤキモチをかわいく伝える方法

嫉妬してしまったとき、ついつい感情のままに彼に思いをぶつけていませんか?それでは彼の心が離れてしまうだけ。嫉妬したときこそ胸キュンさせるような、かわいい伝え方があるんです。
1408

7.結婚したい気持ちを押し付けない

結婚は目的ではなく過程

付き合ってすぐにでも結婚したいと気持ちを押しつけてはいませんか?「結婚したい」という気持ちは悪いことではありません。しかし、やはりまずは恋愛をして、気持ちが固まってから結婚したいという人が多いのです。

Photo by Wu Jianxiong / Unsplash

結婚は目的ではありません。恋愛の延長線上にある実生活の始まりです。だからこそ男性も慎重になるのです。結婚だけを目的にすると焦ってしまうので、あくまで過程と考えて、将来のことをじっくりと考えましょう。

8.「好き?」と聞きたがらない

彼の愛情表現を知る

彼があまり「好き」と言わないタイプだと、本心がわからなくて「私のこと好き?」と聞きたくなってしまいますよね。しかし、聞きすぎると男性も困ってしまうようです。

「好き」というのが恥ずかしい人や、「好き」は重い言葉だから頻繁に言いたくない人など、言わない理由はさまざまです。それでも好きだからこそ付き合っているのはみな同じ。

Photo by Joanna Nix / Unsplash

彼は言葉以外で愛情を伝えてくれてはいませんか?いつも笑顔だったり、体調不良のときにとても心配してくれたり。人それぞれ愛情表現は違います。思い返すと「好き」以外に彼の愛情を感じられるはずです。

本音が知りたい! 自分から「好き」って言わない彼の心理を徹底解剖

自分から「好き」「会いたい」など、言わない男性って多くいますよね。その男性心理を徹底解剖しました。
553

ただただ、大好きだから。男性の「愛してる」よりも深い愛情表現

日本男性は愛情表現が得意ではなく、「愛してる」なんて言葉を言われるのも稀だという方も多いのでは?しかし、実は言葉にしなくても深い愛をあなたに伝えているかもしれません。
1354

9.自分を卑下するのをやめる

自分を変えられるのは自分だけ

「私なんて…」と否定的なことばかり言っていませんか?彼が「そんなことないよ」と言うことで、こんな自分でも受け入れてくれるという安心感を得たいのではないでしょうか。

それは、マイナスなことを言って相手の愛情を確かめているだけです。ネガティブなことばかり言われると彼もしんどくなってしまいます。

www.pexels.com

本当にコンプレックスに感じているなら、自分が変わらないと何も変わりません。または、考え方を変えてコンプレックスをプラスに受け止めるとか。自分を変えられるのは自分だけです。

10.時には「会いたい」を我慢

彼の状況も配慮して

急に彼に会いたくなることもありますよね。それをすぐに「会いたい」と伝えていませんか?彼女から思われていることはとてもうれしいことです。しかし、彼としても余裕がないときに言われると困ってしまうだけ。

女性は愛しい気持ちを伝えるために「会いたい」と言いますが、男性としては「会いたい」=実際に会う努力をしなければ、と思ってしまいます。忙しいときに言われると、負担に思ってしまうのです。

「会いたい」と言う前に、彼がどんな状況なのか知りましょう。仕事で忙しい、人間関係で悩んでいる、親戚の不幸があった。彼に余裕がないときは、自分の気持ちより彼のことを優先して「会いたい」は我慢しましょう。

11.感情的にならない

自分でコントロールできるように

すぐに怒り、すぐに泣いてしまうという方。人間は感情的になってしまうこともあります。それでも、ぶつけられた方としてはつらい気持ちになってしまうでしょう。

突発的な怒りや悲しみというのは、誰かにぶつけても解決しません。自分の心を見直す必要があります。自分の心と向き合って、感情のコントロールを身につける方法をきちんと知りましょう。

この怒りはどうすればいい?イライラした感情の7つのコントロール方法

イライラしたことが積み重なって、今にも爆発しそうなときはありませんか?こういうときははいったいどうしたら良いの?そんな怒りのコントロール方法を学びましょう。
853

12.何でもSNSに投稿しない

二人のことは二人にしかわからない

彼とのことを何でもSNSで報告していませんか?デートの様子、ケンカでの愚痴、彼への思い…。誰かに知ってもらったり聞いてもらったりして、安心したいのかもしれません。

彼が承諾しているならかまいません。しかし、プライベートが丸裸になっているようだと嫌がる人もいます。デートでの楽しい様子は二人だけの思い出に、ケンカでの愚痴はきちんと彼に伝えて和解しましょう。

彼への思いは彼に言わなければ伝わりません。二人のことは、誰かと共有したところで、二人にしかわかりません。“二人だけ”を大切にすることで、きちんと彼とも向き合えるかもしれませんよ。

「重い」を「思い」に変えて

「重い」と言われてしまう行動に心当たりがある方もいたのでは?しかし、それはチャンスです。自分自身が変わる良いキッカケになるはず。自分を見直せば、彼とも良い関係性が築けるはずです。

www.pexels.com

「重い」ことを彼への「思い」に変えて、より仲を深めませんか?

記事に関するお問い合わせ