無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛やエロス、美を楽しむ♡おすすめの「フランス映画」6選

フランス映画はハリウッド映画とは180度異なる雰囲気。起承転結がわかりにくく、中にはバッドエンドの物語もちらほら。観るものの感性に委ね、アーティスティックな世界が広がっています。愛やエロス、色彩美にあふれた映像をぜひ楽しんでみて♡

2017年11月
カルチャー

フランス映画には独特の世界観がある

難解で芸術性に富んだフランス映画の世界

フランス映画を一言で表すなら「難解」。ハリウッド映画のように起承転結がはっきりせず、多くを語りません。観るものの感性に問いかけ、深層心理の深い部分に切り込み、気づきを与えてくれます。

どことなく芸術的な雰囲気も漂い、愛やエロス、人間の苦悩などがお得意の分野です。画面で映ったアイテムが何かを暗示させたりもし、何度も観て確認したくなる作品も多いですね。

色彩が豊かでおしゃれな雰囲気もある

一方で、画面の中にはたくさんの色や美しい風景、ファッション美が多いのもフランス映画の特徴です。おしゃれなファッションやメイク、素敵な風景、交わしてみたい愛の会話など、数え上げたらきりがないかも!

今回は、オススメのフランス映画を6選ご紹介します。不思議な魅力に包まれたフランス映画の世界をのぞいてみましょう。

1.『タイピスト!』

ドSな上司との体育会系ラブコメ

『タイピスト!』は1950〜60年代のパリが舞台の作品。ロマン・デュリス演じるローズのファッションやヘアスタイルがかわいいと話題となりました。フランス映画にしては内容がわかりやすいと言われています。

ドSの上司ルイの叱咤激励により、タイピストとしてだけでなく女性としても一回り成長できたローズ。映画を観終わった後は、なんだかとっても元気になれます。おしゃれ好きな女性におすすめです。

タイピスト!

ポニーキャニオン

都会ぐらしに憧れてパリにやってきたローズ。得意のタイプ打ちでフランス1位を目指し猛特訓!1950〜60年代のパリの風景やファッション、メイクなどにも注目してみて。

商品詳細
タイピスト!
www.amazon.co.jp
商品詳細

2.『大統領の料理人』

仏ミッテラン元大統領に仕えた女料理人のお話

『大統領の料理人』は、仏ミッテラン元大統領に仕えた女料理人ダニエル・デルプシュさんがモデルの映画です。おしゃれなパリの風景やファッション、料理など、見どころ多数。思わずお腹がグーッとなってしまうかも?

ちなみに、この作品は女性の社会的地位にもスポットをあてています。舞台は、女性が仕事を持つことが難しかった時代。主人公が何度も壁にぶち当たるシーンは、観ていて胸が熱くなります。そんな場面も必見です。

記事に関するお問い合わせ