無料の会員登録をすると
お気に入りができます

働く女子が愛用する「サステナブルグッズ」15選!バッグの中身をサステナブルにしよう。

バッグの中に入るような小さなもの、でも毎日のように使うものから、サステナブルを意識して変えてみない?リラクゼーション、食、美容のジャンルで働く3人のバッグの中身を拝見。環境に配慮されていて、しかもグッドデザインなものや、心と体にいい作用をもたらしてくれるものなど、うれしくなるようなものがずらり!

ライフスタイル

1.心も体も整える健康と美容にいいアイテム。/江森瞳さん(美容家・セラピスト)

A.〈モアザンベーカリー〉のエコバッグ
「ホテルに併設されているベーカリーのもので、たくさん入ります」。
B.〈ゾネントア〉のハーブティー
マイボトルにお気に入りのお茶を。
C.〈ザハンブルコー〉の歯ブラシ
「持ち手が竹。環境のことを考えた商品です」。
D.〈テラクオーレ〉のヘッドマッサージブラシ
「血流をよくすると体が整う」とセラピーのマストアイテム。
E.パロサント
火をともして空気を浄化するという香木。
Navigator…江森瞳(えもり・ひとみ)/美容家・セラピスト。ファッション、料理、リラクゼーションのジャンルで経験を積み、代々木上原にリラクゼーションサロン〈Tivoli Ave 101〉をオープン。香り、マッサージなど独自のメソッドを開発し、本物の癒しを提案。今回のバッグの中身は、日帰り出張でのセラピーを想定。

2.捨てない、新しく買わないを無理なく実践。/鈴木真由子さん(納豆インフルエンサー)

A.『Social Design』(並河進著/木楽舎)
ソーシャルについて勉強中。できるだけ本を読むようにしているとか。
B.〈ロエベ〉の財布
「過去のモデルが欲しくて」と、メルカリで入手。
C.祖母手作りのマスク
「マスクの使い捨ては避けています」。
D.〈アコメヤ〉のエコバッグ
「レジ袋はもらわないようにしています」。
E.マイ箸
1日3パックは納豆を食べる鈴木さん。「出先でも食べるので、マイ箸を持ち歩いています」
Navigator…鈴木真由子(すずき・まゆこ)/納豆インフルエンサー。「なっとう娘」の名前で、納豆に関する企画やプロデュースを行う。大学卒業後、フリーランスとして活躍。大学時代からフェアトレードや難民支援に興味があり、SDGsに関してはSNSで積極的に発信を行っている。物々交換、エクスチェンジのイベントも主催。

3.環境にいいもの、日本のいいものをできるだけ使うように。/シナダユイさん(ナチュラルビューティハンター)

A.〈Pubicare〉のオーガニックフェミニンコットンシート
「防災用に常備しています」。
B.〈大森商店〉の傘
「リペアしてずっと愛用しています」。
C.〈ジョンマスターナチュラル〉のスリーキングスティック
〈ジョンマスターオーガニック〉から日本人向けに作られたブランド。
D.〈JUICE〉のハンドクリーム
佐賀・加唐島のヤブ椿オイルが手指を美しく。
E.〈PLECO〉のバッグ
とうもろこし由来のエコな商品。
Navigator…シナダユイ/ナチュラルビューティハンター。オーガニックコスメブランドの立ち上げに携わったことから、サステナブルなものづくり、日本のいいものづくりを追いかけるように。日本化粧品検定1級、化粧品プランナー、マーケティングプランナーの資格を持つ。PLAY TOKYOのビデオグラファーとして動画制作も行う。
(Hanako1190号掲載/photo:Shinnosuke Yoshimori(model), Satoshi Kaneko, Masanori Kaneshita, Akiko Baba, Hiromi Kurokawa, Natsumi Kakuto styling:Nami Kagiyama(model)hair & make:Yumi Narai(model)model:Serena Motola foodstylng:Toshie Kikawada text:Kyoko Kashimura, Tomoko Yanagisawa, Aya Honma, Miho Arima edit:Nao Yoshida cooperation:UTUWA)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ