無料の会員登録をすると
お気に入りができます

緑に包まれた山あいの宿場町。グルメと雑貨をめぐる木曽路・奈良井宿の旅へ

長野県南西部の木曽路・奈良井宿は、旅人でにぎわった江戸時代の姿を今も色濃く残すエリア。緑深い山々に囲まれ、野の草花が彩る町並みには、なつかしい故郷のような、心安らぐ出会いや、町に息づく文化も感じられます。

今回は、町歩きの途中に立ち寄りたい、懐かしさと居心地の良さを兼ね備えたカフェや、長野県の郷土料理のお店、そして、ぬくもりを感じる雑貨屋さんをご紹介します。

旅行・おでかけ

長野県南西部の木曽路・奈良井宿は、旅人でにぎわった江戸時代の姿を今も色濃く残すエリア。緑深い山々に囲まれ、野の草花が彩る町並みには、なつかしい故郷のような、心安らぐ出会いや、町に息づく文化も感じられます。

今回は、町歩きの途中に立ち寄りたい、懐かしさと居心地の良さを兼ね備えたカフェや、長野県の郷土料理のお店、そして、ぬくもりを感じる雑貨屋さんをご紹介します。

エスプレッソを片手に読書しながらゆったり。「Cafè 風花」

こぢんまりしたちゃぶ台や緑の壁紙、アンティークな照明

「おばあちゃんの家のようにくつろげる空間」をイメージした「Cafè 風花」は、週末だけオープンするカフェ。花や緑が並ぶ店先や、本と雑貨がいっぱいの店内は、ほっとしながらも退屈せず、つい長居したくなる空間です。座敷のちゃぶ台は、女性ひとり用にと店主が特別にオーダーしたもので、気になる本を手にとったり、店内に流れるボサノバの心地よさに浸りながら、香り高いドリップコーヒーを楽しめます。

左:手前から「カフェ・ラテ」(550円)、「ガトー・ショコラ」(350円)

店内には生花のほか、ドライフラワーが飾られていてお店を彩っています。

奈良井宿でエスプレッソメニューがいただけるのはこちらのお店だけ。店主が高校時代から読んできた文庫本、雑誌をながめながら素敵なコーヒータイムを味わって。

Cafè 風花(カフェフウカ)
長野県塩尻市奈良井375
0264-34-3939
営業時間: 11:00〜17:00
定休日: 月~金曜(GWやお盆は営業)

Cafè 風花(カフェフウカ)

緑に包まれて過ごす心安らぐひととき「カフェ深山」

手前右から反時計回りに「100年前のライスカレー」(950円)、「トラジャマイルドコーヒー」(486円)(セットで1382円)、「りんごのタルト」(432円)

宿場の町並みから徒歩5分ほどの木立の中にたたずむ「カフェ深山」は、古民家の梁やガラス戸などを活用した重厚な空間と、窓の外の緑、店内のいたるところに飾られた野の花が、心を和ませてくれるお店。

注文ごとに淹れるコーヒーや、100年前のレシピを再現しアレンジした「100年前のライスカレー」のほか、手作りのおはぎやきびもちなどもあるので、ゆっくりと時間をかけてくつろぎたい気分になれますよ。

カフェ深山(カフェミヤマ)
長野県塩尻市奈良井837-101
0264-34-2500
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 木曜

打ちたての蕎麦をいただける「こころ音」

左、右上:「とうじそば」(1450円)

のれんをくぐると吹き抜けのある空間が広がる「こころ音」。地元の契約農家から仕入れた玄そばを数日分ずつ製粉した、打ちたての蕎麦をいただけます。

数種類のきのこと鶏肉、油揚げ、白菜などを煮込んだ醤油仕立ての汁に、茹でた蕎麦を入れ、軽くあたため、お椀に盛り付けていただく「とうじそば」は通年メニューですが、地元で獲れたきのこの風味が良くなる秋には、ひときわおいしさが増すそう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ