無料の会員登録をすると
お気に入りができます

汚れがごっそり溜まっているかも?家電製品のお手入れ術

コーヒーメーカーや炊飯器、電子レンジなど、普段ヘビーユースしている家電製品のお掃除は定期的にしていますか?しばらくしていないのなら早速週末にでもやってみましょう。機械がきれいになると調理や掃除もはかどります。

2017年11月
ライフスタイル

コーヒーメーカーは汚れにくいと思いきや、パイプ内部に水垢や石灰分などが蓄積されていきます。クエン酸がなければ酢水(酢1:水2)でもできますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

3.電子レンジのお掃除術

重曹と水だけできれいになる

電子レンジの内部汚れは重曹できれいにしましょう。コップいっぱいの水に重曹を大さじ1溶かし、600W で8分チンします。その後、蓋を開けずに15分放置。蓋を開け、汚れを拭き取ったら掃除完了です。

焦げ付きがひどい場合は、重曹水を含ませたキッチンペーパーでパックしておくのも効果があります。熱と重曹を合わせ、汚れを浮かせるのが大事。定期的に重曹掃除を行って庫内を清潔に保ちましょう。

外側の汚れは固く絞った布で拭く

電子レンジの外側部分は、固く絞った布で拭けば、大方の汚れは落ちてしまいます。特に持ち手部分は日頃よく使いますから、キュッキュッとこすってみてくださいね。

水拭きしても油汚れが取れない場合は、薄めた台所用洗剤を染み込ませた布で軽く拭いてみましょう。その後、しっかり絞ったタオルで上拭きして完成です。

4.掃除ロボットのお掃除術

一ヶ月に1回は行いたい

ルンバやブラーバなどのお掃除ロボットは1ヶ月に1回は内部を点検してみましょう。ダスト部分もきちんと内部までお掃除したいですね。ブラシ部分は髪の毛やほこりがごっそり。はさみを用意すると簡単に掃除可能です。

意外と見逃しがちなのは、前輪部分などのタイヤパーツ。説明書とにらめっこしながら部品をはずし、掃除機やホコリ取りブラシで汚れを掻き出しましょう。

エッジクリーニングブラシはドライバーで外す

エッジクリーニングブラシはドライバーを使って外し、ゆるみや汚れを確認してみてください。この部分が汚れを掻き出しますから大事な部分ですよ。

エッジクリーニングブラシは消耗品です。1年程度で新しいものに交換しましょう。ネット通販でも正規品は入手可能なので、購入も簡単です。

記事に関するお問い合わせ