無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たったの1週間集中で見違える♡ 自宅でできる「体幹トレーニング」5選

毎日体幹を鍛えることで、体が引き締まり理想的な体型に近づくだけでなく、姿勢も良くなって体が疲れにくくなる効果もあるのだとか。今回は、身体を引き締めるためのおすすめ体幹トレーニングを5つご紹介します。

美容

「これだけじゃ物足りない!」という方は、身体を傾けた状態からさらに片足を上げることで太ももの筋肉も鍛えることができる「脚上げサイドブリッジ」にぜひトライしてみて!

3. ダイアゴナル(腹筋&背筋)

四つん這いの体勢から左手と右ひざをつき、右手と左足を上げて5秒間キープ。次に、手足を変え同じ動作をします。左右交互に15回〜20回ほど繰り返し、2セットずつやりましょう。

ダイアゴナルのポイントは腕と足を伸ばす時、背中と同じ高さでキープしながらゆっくりと伸ばすこと。うまくできない場合は、しっかりとバランスを取るところから始めるのがおすすめです。

4. ショルダーブリッジ(背筋&ヒップアップ)

ひざを立てて仰向けに寝ます。脚を腰幅くらいに開き、肩を地面につけたまま「1、2、3、4、5」とカウントしながら、お尻をゆっくりと上げていきましょう。この時、ひざからお腹まで真っ直ぐ持ち上げることが大切。

その状態で5秒間キープしたら「1、2、3、4、5」とカウントしながら、お尻をゆっくりと下していきます。下げた時に身体を地面につけないのもポイント。15回〜20回ほど繰り返し、2セットずつ行いましょう。

5. Vシットアップ(腹筋)

床にバンザイするように仰向けになり、両腕と両脚をのばします。そこから、息を吐きつつお尻を軸に身体を折り曲げ、両腕と両足を同時に近づけていきます。横から見るとV字になるイメージです。

手の先でつま先をタッチできるくらいまで上半身と下半身を起こし、お尻でバランスをとるようにします。その後息を吸いながらゆっくりと元に戻します。この時、かかとは床につくギリギリ手前までを目安に下ろすこと。

ポイントは、両腕と両足を持ち上げる時、しっかりと伸ばしたままにすることです。また、下ろす時にゆっくりやればやるほど効果がアップ!15回〜20回ほど繰り返し、2セットずつ行いましょう。

体幹を鍛えて理想の美ボディに♡

今回ご紹介した体幹トレーニングは、基本的なものばかり。ダイエット効果を実感できるまで時間はかかりますが、毎日続けることで痩せやすい身体を作れるはず!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ