無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たったの1週間集中で見違える♡ 自宅でできる「体幹トレーニング」5選

毎日体幹を鍛えることで、体が引き締まり理想的な体型に近づくだけでなく、姿勢も良くなって体が疲れにくくなる効果もあるのだとか。今回は、身体を引き締めるためのおすすめ体幹トレーニングを5つご紹介します。

美容

アラサー超えたら体幹を意識せよ!

「お正月太りでウエスト周りがなんとなくキツい」と感じていませんか?昔は2、3日だけ食事制限をすれば元の体型にすんなり戻っていたのに、なかなかそうもいかなくなってくるのがアラサー世代。

ウエストにくびれを取り戻すために、毎日腹筋していても、思うようにお腹が凹まないと嘆く方もチラホラ。“あの頃”と同じダイエット法で痩せようと思ってはいけません。アラサーを超えたら意識すべきは体幹なのです!

体幹を鍛えるメリットって?

体幹とはその名のとおり「身体の幹」のことで、一般的には身体を支えるお腹や背中まわりの筋肉(体幹筋)を指します。この体幹筋を鍛えると以下のようなメリットがあります。

・自分の体重を支えられるようになるので関節の負担が少なくなる
・お腹を内側から引き締められる
・基礎代謝がアップして痩せやすい身体に
・筋肉のバランスが矯正される
・運動のパフォーマンスが上がる

身体が引き締まって理想的な体型に近づくだけでなく、姿勢が良くなって身体が疲れにくくなるという効果も!ジムに行ってガシガシとトレーニングしなくたって、体幹トレーニングだけで引き締めることは可能なんです。

これだけでOK!全身引き締めトレーニング

体幹トレーニングはいかに継続して行うかがダイエット成功のコツでもありますが、体型という観点からみれば、ウエスト周りの変化はわりとすぐに効果が実感しやすいと言われています。

「体型はともかく、ウエストだけでもなんとかしたい!」という方には朗報ですね。ではさっそく、簡単で毎日続けれられる体幹トレーニングを5つご紹介していきましょう!

1. プランク(腹筋)

うつぶせの状態から肘と腕を肩幅くらいに開き、肘・腕とつま先で体を持ち上げましょう。この時、目線は床を見るようにして、頭の先からかかとまで真っ直ぐの状態を意識してキープします。

最初はあまり無理をせず、10秒〜15秒ほど保つようにするのを2セットくらいやるのがおすすめ。慣れてきたら少しずつ時間を延ばしてみましょう。

2. サイドブリッジ(側筋&肩甲骨周りの筋肉)

身体を横向きの状態にしてから、片手(もしくは肩肘)をつき体を傾けた状態をキープ。こちらも最初は無理をせず10秒~15秒ほど保つようにして2セットほどやりましょう。

記事に関するお問い合わせ