無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フワちゃんが明かした最終学歴に驚きの声 「ギャップがすごい」

『アッコにおまかせ!』にフワちゃんが出演。大学では中国語と哲学を学んでいたことを明かした。

エンタメ

29日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)に、人気ユーチューバー兼お笑いタレントのフワちゃんが出演。知られざるプロフィールに、視聴者からは驚きの声が上がっている。

フワちゃん

■孔子や孟子について勉強

「マル秘プロフィール」として公開されたフワちゃんの経歴。東京都八王子市出身、小学2年生から4年生までロサンゼルスで過ごしていた帰国子女、高校は陸上部で都大会予選敗退…、と明かされていく中、東洋大学に進学したことが紹介される。

なかでも注目を集めたのは、「文学部中国哲学文学科」というその学科名。フワちゃんは「孔子とか孟子とか、性善説とか」を学んでいたと語るのだが、やや真面目なトーンになってしまい、自ら照れ笑い。

天真爛漫なイメージとのギャップがあったのか、スタジオからは驚きの声が上がる。和田アキ子も、「すごいね、中国語の哲学って…」と感心していた。

和田アキ子

関連記事:フワちゃん、小池都知事ベタ褒めの動画に反響 「これがギャップ萌えか…」

フワちゃん、小池都知事ベタ褒めの動画に反響 「これがギャップ萌えか…」

■「全く想像がつかない」

スタジオ同様、驚いた視聴者も多いようで、「フワちゃん、勝手に商学部か経済学部だと思ってた」「哲学とフワちゃんが結びつかない…」といったコメントが。

また、高校時代に陸上部に所属していたという点もあまり知られていなかったらしく、「全く想像がつかない」「予選敗退って…運動神経良さそうなのに」との声も寄せられていた。

■4割が「学歴を気にする」

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,354名を対象に調査を実施したところ、全体で41.9%の人が「学歴を気にする人に共感する」「理解はできる」と回答する結果に。

関連記事:フワちゃん、『グッとラック』初出演で真剣な表情 「雰囲気違う…」の声も

フワちゃん、『グッとラック』初出演で真剣な表情 「雰囲気違う…」の声も

■上半期出演本数は…

番組ではさらに、フワちゃんの2020年の上半期番組出演本数を紹介。その数、なんと112本。これに和田は「3日に1回は出てる…」と驚きの声を上げる。ちなみに、2019年の同本数はわずか5本だという。

中国語を学んでいながらも、英語も日常会話レベルで話せるというフワちゃん。日本のファンだけでなく、いずれ海外のファンも増えていくのかもしれない。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ