無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラさんでもこれなら続く♡みんなの「家計簿」リアル管理法

毎月の入出金を把握し管理することは、家計を守るためも節約においても大切なこと。家計簿をつけるぞ!と意気込んだものの3日坊主になってしまう。そんなズボラさんでも続けやすい家計簿の付け方をご紹介いたします。

2017年11月
ライフスタイル

家計簿が続かない...。

毎月の入出金を把握し管理することは、家計を守るためにも節約においても大切なことです。さぁいざ家計簿をつけるぞ!と意気込んだものの3日坊主になってしまう。そんな人も多いのではないでしょうか。

Media?size=l
instagram.com

そこで、ズボラさんでも続く家計簿のつけ方をご紹介いたします!

1. 1日1行の簡単家計簿

簡略化する!

Media?size=l
instagram.com

毎月どれだけの収入と支出があり、現在どれだけの残高になっているかさえ正確に把握できれば、複雑な家計簿をつける必要はありません。1日1行、支出と残高を記入していくだけの楽な方法なので、毎日続けられます。

2. 端数は切り捨てる!

100円単位で計算

Media?size=l
instagram.com

細かく1円単位まで計算していると、月末に残高と家計簿の数字が合わなくて挫折してしまったというケースも発生してしまいます。大まかに支出が把握できれば良しとして、端数は切り捨て100円単位で計算してみても良いでしょう。

3. 食費をグループ分けにする

短期間でもOK

Media?size=l
instagram.com

食費を「主食」「副食」「調味料」「嗜好品」「調理食品(お弁当、お惣菜など)」「外食」など、グループ分けにして家計簿をつけます。すると、短期間つけるだけでも家計の無駄遣いが明るみに。

4. お楽しみの目標を設定する

節約したお金で何する?

Media?size=l
instagram.com

家計簿をつけて節約をがんばっているとストレスがたまりがち。家計簿にどんなことにお金を使いたいか「目標」を書くことがおすすめです。〇万円貯めたら旅行に行く、など目のつくところに書けば節約も楽しくなり続けられるでしょう。

5. 財布の中で予算管理

封筒とお財布を駆使する

Media?size=l
instagram.com

食費や衣類、交通費など費目別に別々の封筒に入れて管理します。食費は、1週間分だけ財布に入れてその中でやり繰りをします。このように財布の中で家計の管理をすればわかりやすくシンプルなので使いすぎを防ぐこともできます。

Media?size=l
instagram.com

6. 貼るだけ家計簿

レシートを取って置くことから

細々と家計簿に記入するのは時間も労力も必要です。途中で断念してしまうことも。しかし、レシートをノートに貼るだけの簡単家計簿なら長く続きます。あとは月間にいくら使ったかを計算するだけです。

7. 無料アプリ「ReceReco」を使う

時短に!

飲食店やスーパーなどのレシートをiPhoneのカメラで撮影すれば、品目や値段などを自動でデータ化して保存できるのです。記入する手間や時間が省けるので楽に続けられます。

8. スケジュール帳で家計管理

日々のスケジュールと合わせる

Media?size=l
instagram.com

スケジュール帳なので、毎日の家計簿をつけやすくまた習慣づけしやすいのも特徴です。日々の出費がわかりやすく毎月の家計の支出も把握しやすく、日々のスケジュールと合わせて長く続けられます。

9. クリアファイル家計簿で簡単に!

予算と残金を見える化

Media?size=l
instagram.com

クリアファイル家計簿は、1日の買い物予算額を1カ月分クリアファイルに入れるだけという記入不要の簡単な家計管理術です。やりくりがうまくいけば、クリアファイルに残金が溜まり節約のやる気も倍増に。簡単で楽に続けられます。

10. イラスト付きの日記風家計簿

思い出も一緒に

Media?size=l
instagram.com

日々の家計簿を絵日記風に管理していけば、楽しい上に、思い出も蘇ります。家計簿をつけるのが楽しくなってくるので、長続きしやすく、家計管理が楽しく行えます。今日食べたもの、買ったものなど、印象に残ったものをその1日を振り返りながら描いてみてはいかがですか?

ズボラさんでも大丈夫♡

Media?size=l
instagram.com

ズボラさんでも続く家計簿の付け方はずばり、ゆるく、そして楽しむことです。自分にあった方法をぜひ見つけてみてくださいね!

記事に関するお問い合わせ